娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。

  • 著者名:沼畑直樹【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • ワニブックス(2016/12発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784847095153

ファイル: /

内容説明

英語を読めたり、書くことはできる。でも「話せない」のはなぜ?
英語を「母国語」と考える、新しい学び方。
子どものように学べば、実は英語は簡単だった!
ここに、日本人が苦手な英語を克服する秘密がある!!

英語を子どもに身につけさせたい親はもちろん、
すべての英語学習者へ。常識をくつがえす画期的な勉強法!!

----------------------------------------

父も妻も日本人。父は娘が生まれたとき「英語だけで話しかける」と決めた。
そして父が英語で話し続けたら、娘がネイティブのように話し始めた。
父は留学経験もなく、独学で英語を学んだだけ。母は日本語しか話せない。
それなのに、娘は日本語も英語もペラペラに、一体どうして?

娘のそんな様子を見ながら、父は「母国語」習得の謎を解き明かしていく!
大人こそ役に立つ、母国語習得の秘訣である画期的なリスニング法、
そして、子どもに英語を教えたい人への実践法が盛りだくさん。

【内容紹介】
1章 「母国語」として学べば、英語はもっと楽しい
2章 母国語の秘密は、リスニングにあり!
3章 大人が母国語英語を学ぶ方法1(スピーキング/発音)
4章 大人が母国語英語を学ぶ方法2(リーディング/文法)
5章 子どもに「母国語」英語を教える方法
6章 2歳で英語を話しはじめた、娘の英会話日記
子どもに英語を教えるときのQ&A
2歳半ごろまでに親が本当によく使う英会話
娘がよく使っていた英会話リスト(3歳まで)
私が娘に使っていた英語(娘が3歳まで)


【著者情報】
沼畑直樹(父) numahata naoki

コンテンツ制作会社「テーブルマガジンズ」代表。クリエイティブディレクター。海外文化を紹介する雑誌の編集や取材を通し、独学で英語を身につける。ライフスタイルはミニマリストで、執筆、講演多数。娘が生まれたのをきっかけに、「娘には英語だけで話しかける」と決める。著作に『最小限主義。』、旅ガイド『スロウリィクロアチア』など。ブログは『ミニマル&イズム』。撮影を担当した写真集に『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)

www.tablemagazines.com
minimalism.jp
Twitter&Instagram(@remyork)

沼畑詠(娘) numahata ei
2013年4月、日本人の父と母の間に生まれる。名前の由来はアルファベットの「A」。
父が話しかける英語と、大好きなアニメを通して英語を学ぶ。
はじめて話した言葉は、日本語ではなく「More」。母と話すときは日本語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Keizy-soze

4
【娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。】 1月14日読了。 2017年8冊目。 子供は成長するにつれて、言語を覚えていく。 その過程は親からであったり、周りの母国語に溢れた環境から覚えていく。 では、その初めの母国語を英語にしてみてはどうか。 実際に娘に0歳から英語で語りかけ、 2歳で自然と日本語と英語を使いこなせるようになった娘についての 体験記。 5章までは、実際にやってきたことの理論を書いているが、 面白いのは6章の実際の英会話日記がリアルで面白かった。 正直、自分用に2017/01/14

しろくま

2
両親ともに日本人。ネイティブでない父親が、娘さんが生まれてからはずっと英語で話し続けてきた話。つまり、父親と娘は英語、母親と娘は日本語で。語りかけというより、娘さんとの時間すべてを英語で!と徹底しているところがすごいです。自身がバイリンガルなら別ですが、そうでない場合、かなりの覚悟がないとできない気が。とくに6章の日記はじっくり読みました!英語も日本語も同時進行で、どちらも母国語として獲得していく過程は興味深いです。可能なのですね!2016/12/26

kirakira

1
なかなか面白かった。でも、これを実行するのにはかなり気合等必要になってくると思う。 本気で、子供が英語を話せるようになってほしいって思う人におすすめかな。2017/06/20

のがまま

1
1章~5章は同じことが繰り返されていてかなり嫌な感じ。だが、6章の日記、良く使われた英会話は面白かった。何はともあれ日本人夫婦と普通の保育園という日本語環境においてバイリンガルの状態が生み出される様子は興味深い。2016/12/10

もしもしかめよ

0
英語を母国語として学ぶ重要性を説いている。また無から言葉の音だけを聞くリスニングが、いかに言語習得の基礎となっているかということも。著者の娘さんの英語力の成長ぶりは目を見張るものがあり、著者も信念を曲げずよくやってきたと思います。2017/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11211871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。