202Xインフラテクノロジー 土木施設の商機を大胆予測

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,630
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

202Xインフラテクノロジー 土木施設の商機を大胆予測

  • 著者名:浅野祐一【著】/日経コンストラクション【編】
  • 価格 ¥3,630(本体¥3,300)
  • 日経BP(2016/12発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 990pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822235208

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

インフラ技術の動向を解説し、近未来のインフラ技術を大胆に予測。
技術士試験に役立つ知識も満載。インフラ・建設技術者必携の一冊

新設から維持管理への移行や人口減少社会、国と地方の財政難といった新しい技術が求められる背景もデータをもとに分かりやすく解説します。
国内外で注目を集めるインフラ市場での勝敗のカギは技術力が握っています。土木・インフラ技術者として、知っておきたい技術トレンドを、その社会背景や市場性なども踏まえて紹介します。技術士試験に必要な専門知識の取得や東京五輪後も活躍するための必携の一冊です。

◆ 主な内容
Part 1 2020年のインフラテクノロジー
     【激変の数年後をシミュレーション】インフラ改善/災害対策

Part 2 これから来る! 先端技術
     【生産性向上】ロボット・ドローン/ウエアラブル機器
     【メンテナンス革新】ビッグデータ/センシング/遠隔点検
     【国土強靱化】制震/液状化対策/粘り強い構造/ダム再開発/侵食防止
     【コンクリート革命】表層品質/ひび割れ防止/自己治癒性能
     【生活変える新型道路】道路構造/物理的デバイス

Part 3 2025年のインフラテクノロジー
     【さらなる未来をシミュレーション】革新技術開発

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

8
図書館にて。2016年刊行。おもに「日経コンストラクション」webサイトの記事をまとめたもの。国交省の生産性革命プロジェクトのひとつ「i-Construction」。土木の大工事ってイメージあるトンネル掘りは、新工法によって解決している。現在、土木の仕事でネックになってるのは道路工事や現場でのコンクリ打ちのたぐい。そういや、むかーしのカリフォルニア州で、レンガ職人の組合が鉄筋コンクリ工法に反対してたっけ(その後、震災が起こる)2021/02/10

koh

0
202Xとあるが、現在の最先端技術の紹介に近い。ドローンやロボットを使ったオペレーション面のイノベーションは面白い。建設業以外の会社(繊維や食品)や大学等との共同開発はこれからも増えるだろうと思うし、そういう研究開発を積極的に進めていかなければ生き残っていけないだろうと感じる。2017/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11207237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。