悩み・不安・怒りを小さくするレッスン~「認知行動療法」入門~

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader

悩み・不安・怒りを小さくするレッスン~「認知行動療法」入門~

  • 著者名:中島美鈴
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 光文社(2016/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334039585

ファイル: /

内容説明

メールの返信がない、他人からミスを指摘される、といった些細なことを気にして、いつもクヨクヨ、ビクビク、イライラしている。ストレスを感じて過食するなど、やめなければいけないと分かっている悪習慣がやめられない――。そうした自分を変えることはなぜ難しいのか? そこには「認知の歪み」と「無意識的な学習メカニズム」が関係している。その基礎から実践、応用的な技術までを、注目の臨床心理士が分かりやすく解説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

純子

20
適応障害と言われて10年かな。初めから「認知行動療法」を学ぶことを勧められてはいたけれど、認知の歪みを修正する、というフレーズが既に苦しく聞こえて。最近、やっといろんな本を素直な気持ちで読めるようになり、この本に出会えたことも嬉しい。『must→better技法』(「すべき思考」の修正法)~すべき、~しなければならないを~な方がいいに置き換える。まずこれからだな。過去や未来について考えて不安になるより、今・ここに意識を戻し、好きなこと・楽しいこと・やりたいことを主軸に考えるマインドフルネスもいいと思う。2017/09/14

袖崎いたる

13
新書風の認知の定義について興味があったので。認知行動療法とはいってもそれは認知療法と行動療法の二肢を有する存立療法らしく、その各肢の解説から上部構造へと話題を進めていく。でも「これが認知行動療法だ」というような打ち出し方はしておらず、ある種の実践の雰囲気でもって論を落とす内容。その実践はやはりというかなんというかマインドフルネスであるのにはエクリチュールからレクチュールへ、的な趣を覚えた。ところでオペラント条件付けの意想はフロイト‐ラカンの意義を強化する向きもあるのではないかな。後顧的、解釈学的にいって。2017/03/02

veri

11
認知行動療法なるものを教えてもらったので、読んでみました。感情は頭で捉えるのか気持ちで捉えるのか、なんてことを考えたり。すごく論理的でわかりやすく、取り入れやすいことから試してみたい。きっと沢山の色眼鏡を自分は持っていて、状況や感情によって掛け替えたりしてるのだろうけど、めがねをとってそこにある事実だけを見るようにすれば楽になれるかも。オペラント条件付けや古典的条件付けの話はとても面白かった。悪習慣を見直してみることも必要だなあ。買うべきかな。(図書館本なので)2018/05/20

ヒラP@ehon.gohon

11
カウンセリングの学習の復習として読みました。ど真ん中のストレートではありませんが、参考になりました。2017/06/21

ジュリ

4
認知行動療法とはどんなものなのかわかりやすく解説。認知のゆがみに気が付く、行動を変えるといったシンプルな方法で、自分でもできそうだった。2018/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11273975

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。