山と溪谷社<br> ときめく縄文図鑑

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
ときめく縄文図鑑

  • 著者名:新津健監修/譽田亜紀子著
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • 山と溪谷社(2016/12発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784635202367

ファイル: /

内容説明

大好評「ときめく図鑑」の新ラインナップ「ときめく図鑑+(プラス)」!第三弾は「縄文」。

土偶、土器、縄文鍋に縄文人等々、縄文時代にどこか心を魅かれているあなたにピッタリの一冊をお届けします。

さまざまな土偶や暮らしの道具、装飾品の数々。
知っているつもりで知らなかった、心ときめく縄文人の感性に触れることができます。

◆目次
story1 縄文へのラブレター

story2 ようこそ、ときめく縄文ワールド
はじめての土偶 この人たちは一体…/暮らしの逸品/装飾品たち

story3 縄文人に近づいてみる
貝塚に行ってみる/土偶を作ってみる/博物館に行ってみる/縄文グッズを見つける

story4 縄文時代を知る
時代を知る/衣を知る/食を知る/住を知る

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

119
ときめく図鑑シリーズ、縄文編。縄文展鑑賞の予習に。文章や土偶や土器に関する用語が分かりやすくまとめられていて読みやすいし写真もたくさんで目にも楽しい。文字がなかったり、残っていないものがたくさんあったりして、はっきり分からない部分は多いながら、実用的な部分以外にも工夫を凝らしたであろうところや芸術性を感じずにはいられない。分からないからこそ想像を膨らませるのが楽しいってすごく分かるなあ。2018/08/29

かりさ

105
仕事柄、縄文土器に触れる機会があります。赤茶色の土器に配された流れる縄目模様、分厚くでこぼこの表面、不器用なものもあれば、繊細で整ったものもあり、この時代から器用さや不器用さがあったのかしら、なんて愛おしくなります。指で形作ったような後に自分の指を置いてみたり…ロマンあふれる時間です。先日から古墳調査で出土した埴輪の整理をしているのでとてもタイムリー!と楽しく読みました。埴輪の欠片を復元したらどんな形になるのかわくわくします。ふくよかな形の土偶、壺や鉢、装飾品、当時の人々に思いを馳せて…幸せな時間です。2017/02/03

優希

102
縄文時代に作られた物ほど面白いものはないと思わずにはいられません。土や石で作られた芸術は古代ならではの独特な雰囲気を感じさせます。決して完成された美ではないけれど、そこに愛らしさがあるのですよね。縄文時代の出土品は見ていて飽きることはありません。近代のいかにも芸術品ですというものより、こういった歴史の中で作られた物に興味が惹かれるんだなと改めて気付かされました。2017/02/10

美登利

86
面白い×3!著者の本はこれで3冊めです。人形の土偶は手帖の方で知っているものでしたが、度肝を抜かれたのは何とも素晴らしい動物意匠付骨角器!クマの全身を鹿の角に掘り出してそれを匙にする技術がこんな大昔にあったなんて。イノシシや犬、カエルなどの土製品の愛らしさにも驚きます。縄文展に行けばこれらの出土品が身近に観られたのか〜。図鑑らしく的確に、それでいてユーモアに溢れていて、著者の縄文愛が読者にもガッツリ伝わる一冊です。加曽利貝塚、小学校の遠足で行ったきりだけどぜひともまた訪れてみようかな。2018/09/22

ダミアン4号

60
図鑑で読書感想?と思われるかも知れませんが本書は“読書”と表現するに値する図鑑だと思います。文字が無い時代…人々の暮らしは遺された遺物からしか推測が出来ないのですが約1万年に渡って平和な暮らしを続けたとされる縄文時代の土偶や土器に縄文=jomon LOVEの筆者が独自の解釈を加えて紹介しています。私も中学生の時に縄文土器の魅力に取り憑かれ…たまたま近所にあった縄文土器が見つかる畑(未発掘のまま放置された縄文時代の住居跡?)に入り浸り土器片や用途不明のカケラを拾い集めた経験があります。あの時の興奮が蘇って…2017/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11123217
  • ご注意事項