岩波新書<br> 古代出雲を歩く

個数:1
紙書籍版価格 ¥972
  • Kinoppy
  • Reader

岩波新書
古代出雲を歩く

  • 著者名:平野芳英
  • 価格 ¥972(本体¥900)
  • 岩波書店(2016/12発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「神話と祭祀のくに」出雲には,古代の息吹を伝えるリアルもあふれる.各地に残る初期の信仰形態をとどめる石神(磐座),スダジイの木に巻きつく巨大な藁蛇,海藻で悪穢をはらう藻汐祓.熊野大社,出雲大社をはじめとする神社の数々.宍道湖をとりまく四つのルートを歩き,古代世界にどっぷりと浸ってみたい.(カラー8頁)

目次

目  次
   はじめに

 第1章 国引き神話とは
  1 国引き神話の概要
  2 島根半島の地形
  3 折絶とは
  4 国引き神話の成立

 第2章 支豆支の御埼を歩く
  1 鰐淵寺
  2 韓竈神社
  3 猪目洞窟遺跡
  4 鷺 浦
  5 日御碕神社
  6 稲佐の浜
  7 出雲大社
  8 天平古道
  9 大寺薬師収蔵庫

 第3章 狭田の国を歩く
  1 十六島
  2 立石さん
  3 神名樋に登る
  4 佐太神社
  5 多久の折絶の文化財

 第4章 闇見の国と三穂の埼を歩く
  1 日本海の浦々
  2 美保浦
  3 久良弥神社

 第5章 意宇川を歩く
  1 熊野山
  2 熊野大社
  3 意宇川の支流
  4 意宇平野
  5 神名樋野に登る

 第6章 銅剣と銅鐸と谷神の地を歩く
  1 荒神谷遺跡
  2 加茂岩倉遺跡
  3 神名火山
   主な参考文献
   おわりに