短時間で的確に作り上げる IT現場の文書作成術

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

短時間で的確に作り上げる IT現場の文書作成術

  • 著者名:森川滋之【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 日経BP(2016/11発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 750pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822239084

ファイル: /

内容説明

ITエンジニアは、システムの企画や設計、構築、保守・運用といった実務を進める中で、さまざまな書類を作る必要がある。それなのに、「筆が止まって時間を浪費してしまう」「分かりやすい文章を書けない」という人が多い。この原因は主に、執筆前に実施すべき準備作業の知識が欠如していたり、読みやすい文書を作成する動機が希薄だったりすることにある。

例えば、議事録を作るにしても、5W1H (いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)が漏れていると、読み手が中途半端な理解にとどまってしまう恐れがある。だからと言って、国会の会議録のように誰が何を言ったかを忠実に再現した長大な議事録では、読み手が決定事項を把握するのに苦労を強いられることになってしまう。

本書では、ビジネスの現場でITエンジニアがよく作る代表的な12種類の文書について、執筆前に実施する準備作業のやり方や、分かりやすい文章を書けないことで生じる弊害の説明を含めて、短時間で的確に作るテクニックを解説する。各文書の考え方や作り方を知っていれば、実務の効率が高まるだけでなく、自身の活躍の幅を広げたり、ビジネスのヒントをつかんだりしやすくなる。

【目次】
第1章■報告:打ち合わせ記録
第2章■合意:議事録
第3章■謝罪と対策:障害報告書
第4章■使用法:操作マニュアル
第5章■教育:研修テキスト
第6章■情報提供:技術評価報告・製品説明
第7章■プレゼンテーション:プレゼン資料
第8章■提案:提案書
第9章■PR:ホワイトペーパー・事例
第10章■解説:技術コラム
第11章■自己実現:企画書
第12章■発信:ブログ・メルマガ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みん

5
色々な文書を書く際の考え方、心構えなどがよくわかり、例もあって実践もしやすく為になりました。各章の内容のボリュームが少なめだった点が残念。完全に入門書です。2017/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11250155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。