世界のインコ

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,508
  • Kinoppy
  • Reader

世界のインコ

  • ISBN:9784899774556

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

色とりどりのかわいい鳥たちが大集合!
今、ペットとして犬猫に次いで人気を集めているインコ。その種類は、300種を超えるといわれています。
本書は、そんな世界に生息する多数のインコの中から100種類のインコ(とオウム)を写真とともに解説していきます。監修には、『ザ・インコ&オウム』をはじめ、インコに関する著書を多く持つ日本のインコの第一人者であり、ヤマザキ動物専門学校で鳥類学講師をされている磯崎哲也氏が担当しております。現在、市場にインコの種類に関してここまで大々的に扱った本はありません。
そういう意味でも本書は、インコに関心を持つすべての人たちにとって待望の書といえるでしょう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そら

54
三度の飯よりインコが好き。鳥好きには悪人はいないと心より信じている私。アイコンのインコは13年苦楽を共にした最愛のコンパニオンバード。今は2羽のインコと共に暮らし、帰宅後の癒しはインコをそっと手に包み込み、スーンと匂いを吸い込むこと。我が子もかわいいが、よその子もかわいい。図鑑でもSNSでも最高にかわいい。飼えないけど、白色系も憧れる。ヨウムと話してみたい。シロハラインコを転がしてみたい。オキナインコもたまらない。インコではないが、ハシビロコウに会ってみたい。花鳥園に行きたーい!

reno

5
うちにいるサザナミインコは、この本の説明とはずいぶん違うんですが…。色んなインコの事が知れるので、楽しかったです。2016/12/23

ice

3
図書館本だが、欲しくなってしまった。写真がとてもきれい。それぞれの鳥の魅力が引き立つような。説明は容姿、なつき方、遊び方、鳴き声の大きさなど、主に飼育者目線。世界には本当にいろんなインコがいるなぁ。近くの鳥屋さんで見かけるインコも、これでだいぶわかってきた。「ときめくインコ図鑑」も見てみたい。2018/06/09

kaz

0
先に読んだ「ときめくインコ図鑑」よりも多様なインコが掲載されているような気がしたが、構成のせいか「ときめくインコ図鑑」の方が癒される。もっとも、それぞれ美しいことに変わりはない。色合いが地味なインコはまるで鷹のようにも見えるなど、その多様性にはやはり惹かれる。写真だけでは大きさの実感がわきにくいが、体長約1メートルのインコの存在などは驚かされる。あと、オウム科モモイロインコ属、インコ科アカサカオウム属等、インコなのかオウムなのか、眺めていると混乱してしまう。 2017/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11216738

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。