文春新書<br> ビジネスエリートの新論語

個数:1
紙書籍版価格 ¥946
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
ビジネスエリートの新論語

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥947(本体¥861)
  • 文藝春秋(2016/12発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166611102

ファイル: /

内容説明

昭和30年、産経新聞記者時代の司馬遼太郎が、本名・福田定一で刊行した
“幻の新書”を完全版として復刻刊行。

古今の典籍から格言・名言を引用、ビジネス社会に生きる人たちにエールを
送る本書は、著者の深い教養や透徹した人間観が現れているばかりでなく、
大阪人であることを終世誇りとしていた著者の、卓抜なるユーモア感覚に満ちている。

さらには、本書の2部に収録、記者時代の先輩社員を描いたとおぼしき
「二人の老サラリーマン」は、働くことと生きることの深い結びつき問う、極めつけの
名作短編小説として読むに充分である。

現代の感覚をもってしても全く古びた印象のない本書は、むしろ後年に国民作家と
呼ばれることになる著者の魅力・実力を改めて伝えてくれる。
まさに「栴檀は双葉より芳し」。ビジネス社会を生きる若い読者にも、ぜひ薦めたい一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

167
さまざまな古典から司馬さんがサラリーマンへの知恵のようなものをまとめたものです。題名があまり、という気がします。昔の再出版のときの題名らしいのですが、わたしはビジネス・リートという言葉があまり気に入らず一番最初の題名でよかったのではないかと思われます。かなりこのようなものを書いていくときに司馬さんはかなり昔の人のことを勉強されたんであろうな、という気がしました。2016/12/20

おしゃべりメガネ

127
ちょっと思ってたイメージとは違った一冊でさらさらと読了してしまいました。もう少しサラリーマンの哲学みたいなモノを分かりやすく書いてくれてるとあらりがたく感じれましたが、正直私には難易度が高かったかなと。それでも中盤以降は少し慣れたのか、前半よりはアタマにやっと文章が入ってくるようになりました。年月を経て、サラリーマンのスタイルが基本変わらないトコもあれば、昔とは大きく変わってしまったトコもあると思われます。決して'ビジネスエリート'になりたいワケではありませんが、こうした一冊から何か一つでも学べたらなと。2020/10/27

サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥

123
本名の福田定一名義で昭和三十年に出版された『名言随筆 サラリーマン』の新装普及版(昭和47年)を復刊したもの。古今東西の金言名言を元にサラリーマン稼業について論じたエッセイ。くだけた感じの文体は若さを感じる。その一方、30歳にしては随分と達観したものの見方。60年も前に書かれたものだけど、今でもなるほどねと思う事もあり、当時も今もあんまり変わっていないのかな。サラリーマンの元祖が大江広元っていう見方は面白い。タイトルは最初のタイトルの方があっているかなぁ。司馬遼太郎の原点とも言える一冊。★★★+2016/12/27

壮の字

95
『名言随筆サラリーマン』を改題。「エリート」の語に改められたことに少々不満を抱えて読んだ。が、改題されたのは昭和47年、現在の感覚で良否を判断すべきことでもないか。まぁ当時はビビッドな響きだったんだろうと思うに留むる。金言名言をあげ、軽快なエッセイをがなりたてる第一部。時代のギャップを面白く感ずる。男性強かったんだろなぁ、そしてこの国も強かったんだろう、憂いがないもんなぁ。そして第二部、ふたりの記者の話は笑えて、且つ深い。働きながら悟りの域に達している老兵たち。或いは「エリート」とは彼らのことか。2017/01/24

ehirano1

92
司馬さんがサムライをディスっているのに驚きました。しかし司馬さんは「日本のサラリーマンの原型をサムライに求めた(p14)」と記載されています。最後まで読んでもちょっとこの辺は消化不良なので再読します。2017/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11240976

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。