未来をつくる建築100 (TEDブックス)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

未来をつくる建築100 (TEDブックス)

  • ISBN:9784255009568

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

建築を考えることは、未来をつくること。

ひとは人生の9割を建物の中で生きる。だから、建築にもっと多くのことを求めよう。
スマホでたやすく建築を撮り、瞬時にシェアする時代、建築の未来は専門家の外にこそ開かれている。
「ビルは呼吸しますか?」「月に住めますか?」「壁を消せますか?」――建築をシンプルに問うことは、未来をつくること。
NY発の人気建築サイト「Architizer.com」を主宰する建築家が、世界中の多彩な建物を100件選び解説。
より良い未来を実験する。

「わかりやすく建築の魅力を伝える本書は、建築家が活躍する機会を増やすことに貢献するだろう。
一般の人たちはもちろんのこと、建築家自身にも読んでもらいたい本である」……山崎亮(解説冊子より)

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第3弾。

「本書ではみなさんを建築のパートナーだと考えています。建物や建築家について私たちが投げかける質問が、新しい未来をつくります。
私たちがいま知っている世界とはまったく異なる相貌の未来です。この本の中では、ばかげたようにみえる問いも立てています。〔…〕
しかし200年前に『空に住むようになりますか?』とか『夏にセーターが必要になりますか?』といった質問を考えた人がいたでしょうか。
エレベーターとエアコンの登場によって、雲をつくような高所でも生活でき、猛暑の中でも凍えられるようになった今、
私たちはもっと想像力に溢れていて、答えるのが難しい問いを立てなければならないのです」(本書より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネコタ

14
著者マーク・クシュナーによると建築にもっと多くのものを求めていいということ。それに対しての答えとなる可能性のある建築物が100収録されている。例えば「トナカイは一日中なにをしていますか?」という問いに対してはノルウェーのトナカイセンターの建物が紹介されていたり、「大聖堂の中でショッピングできますか?」に対してはオランダの教会の中にある素敵な書店が紹介されている。表紙の建物は「建物をジグザクにできますか?」に対する答え。未来に造られるだろう構想中のものも載っていて面白かった。2017/03/19

11
人生の9割を建物の中で生きる。職場。お店。住居。病院。図書館。旅行の宿泊先。そんな実在の建築物&コンセプトの写真集。いつでも眺められるように居間に。2016年。#marckushner2019/08/24

mochizo

4
中々斬新なデザインや思想のある建築が100紹介していました。古い工場のおくじょうを畑にしたもの、土管を積み重ねてレストランにしたものなど、刺激的な内容は多々ありました。で、残念なのが日本の実例がないという事。日本の設計士は何人か取り上げられていましたが、日本での実例なしの現状は、日本の法的規制と無縁ではないと思いますね。日本も真剣に規制緩和考えないと、本当に世界から取り残されてしまいますよ。2017/05/01

christinayan01

2
ますます過激な設計となる世界の建築潮流は止められない。それだけ素材の進歩がすごいということだ。J.Mayer H.のデザインが個人的には好き。日本人はSANAA、坂茂氏、藤本壮介氏の作品が掲載。2017/01/30

Ny

1
一見意味のわからないように思える質問も含め100の質問に対応する実際の建築を紹介している。たとえば、Q90 石をマッシュルームに変えられますか?、とかQ94 細菌はおかかえ建築家になれますか?など。しかし、様々な問いは新しい未来をつくると著者は考える。個人的になるほど、と思ったのは、Q64紙の管に救いを見い出すことができますか?。2011年のニュージーランド・クライストチャーチの大地震後に、非常用建築としてダンボールの大聖堂を作った例。写真で見ても荘厳で美しい。なお、著者のTEDスピーチが元である。2019/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11195781

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。