岩波文庫<br> 漱石文芸論集

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader

岩波文庫
漱石文芸論集

  • 著者名:夏目漱石/磯田光一
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 岩波書店(2016/11発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

漱石の小説はおおかた読んでいるという人も,評論や講演となると十分目がとどきかねるのが実情ではあるまいか.本書は講演記録『文芸の哲学的基礎』『創作家の態度』などを主軸として,他に評論文・談話・初期の文章から文芸論にかかわる作品を選んで編成したもの.ここに尖鋭勁強な理論家としての漱石像がくっきりと浮かびあがる.

目次

目  次

  『文学論』序

  『文学論』第三篇 第二章(抄)

 文芸の哲学的基礎

 創作家の態度(抄)

 写 生 文

 文芸とヒロイック

 艇長の遺書と中佐の詩

 文展と芸術(抄)

 坪内博士と『ハムレット』

 道楽と職業

 予の愛読書

 「余が文章に裨益せし書籍」

 戦後文界の趨勢

 夏目漱石氏文学談

 文学談

 余が『草枕』

 「文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎」

 老子の哲学(抄)

 英国詩人の天地山川に対する観念(抄)

  『文学評論』第四篇 スウィフトと厭世文学(抄)

 付録 漱石の同時代作家への言及索引
   解 説……磯田光一
   注 解……古川 久 編