そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,222
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

そして誰もマスコミを信じなくなった――共産党化する日本のメディア

  • 著者名:潮匡人【著者】
  • 価格 ¥977(本体¥889)
  • 飛鳥新社(2016/10発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864105118

ファイル: /

内容説明

野党共闘最大の敗因はマスコミ不信!
尖閣と南シナ海、北朝鮮、国際テロ、参院選、都知事選…
安保法制以後の各新聞、テレビ報道の「事実無根の誤誘導」を緻密に分析。
「ペンの力」がダメになった理由は、「アベヘイト」しか言わないからだ。
対案を出さず、国際問題を安倍政治の悪にすりかえて政権打倒に利用し、
「偏向」批判に逆ギレして「民主集中制」に近づく「第四の権力」の劣化。
両論併記すらできなくなった異常な実態とその危険性を、冷徹に読み解く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

獺祭魚の食客@鯨鯢

67
 この時期に何故というようなことで職を失いました。権力者とそれ以外(庶民)とで社会的制裁が異なるのはわかります。お咎めなしとなる残りの二人はきっと後者なのでしょうね。  この方々はこれからも名前を出さずに「社会の公器」の一員としてジャーナリズムの名の下に「正義」を記事にしていくのでしょう。「知らぬ顔の半兵衛」

やす

9
PHP新書の内容と被る部分があるので補完として読了。とにかく、声を大にして言いたい。「岸井成格は報道現場から身を引け!あなたの暴言・妄想に付き合うほど日本国民は暇ではない」2016/12/05

hk

5
感想は改めて後日したためます<(_ _)>2017/01/20

雪の行者山@加療リハビリ中

4
「正論」平成28年7月号、この本の9章が掲載された。買いたい本に登録した時も、古本で購入した時も著者に「いいね」をいただいた。恐縮した。1~3章は共産党について著者の立場からの解説。4~6章は今雑誌やブログやツイッターで藤原かずえ氏がやっておられるようなところ。7・8章は古巣自衛隊に関する報道や事実に対しての解説。9章は、辞書的な意味からのジャーナリズム・ジャーナリストとは何かというような話。で、現況の日本のメディアを斬る。どれも興味深く読ませていただいたが、特に「安倍総理は日本国民を守る百錬の鉄」⇒2019/06/24

月村鏡

2
日本のマスコミと左翼の意味不明な点は、ここまで左に偏って特亜の賛美を垂れ流しているにも関わらず、左翼曰くテレビや新聞は安倍がコントロールしているだのと言う。そんな憤りを感じて手に取った1冊。 もし万一、安倍陰謀論者がマスコミは極右だと思い、サブタイも見ず安倍ヘイト本だと手に取ったら批判殺到だ 潮氏自身感情に流され過ぎだが、例示された者やメディアの偏向は目に余る。防衛大学校の事は詳しく無かったので、思わぬ収穫だ。 神武天皇については諸説あるが、実際明確な証拠は薄い。だが年齢故に居ないとするのは暴論だろう。2017/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11180284

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。