聲の形 公式ファンブック

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

聲の形 公式ファンブック

  • 著者名:大今良時【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063930689

ファイル: /

内容説明

『聲の形』の全てがわかる、ファン必読の公式完全本! 作者・大今良時自身が細部に渡り完全解説。20時間を超えるインタビューから紡ぎ出された、本邦初公開の新事実が満載!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

234
衝撃の読み切り版があったので、読んだときのことを思い出した。著者があれはこういう意図があってとか説明するのは中々良かった。個人的には西宮、石田の2人が恋愛関係に落ちて欲しかったけど、それは本作品の趣旨ではないのだなと理解した。2016/09/18

yoshida

126
映画公開を記念しての発売。充実した内容。新人漫画賞入選版、読み切り作品版の2つの「聲の形」が読めます。また、「聲の形」一問一答により、原作での気になる点の解説や種明かしがなされている。それぞれの場面の真の意味を知る事ができる。登場人物の解説もあり。「聲の形」の主題はコミュニケーション。人はどこまでお互いを理解する事ができるのか。大事な人との関係を保つには、お互いに理解しようとする努力の継続が必要となる。当たり前の事かも知れないが重要な事。これを改めて気がつかせてくれた事に「聲の形」の偉大さがあると思う。2016/09/22

めでゅう

71
「ファンブック」という名前の印象から、内容への期待はあまりしていませんでした。それを凄絶に裏切られました。/カラーイラストと読み切り版とリメイク版、各巻Q&A、キャラクター解説、インタビューという内容なのですが、後者三つのほとんど全てが大今さんの言葉なのです。自分の作品、及びその登場人物に対しての彼女のアティテュードに痺れました。ものすごく客観的な視点になれているというか、とにかく公正で誠実で同情的で、そしてその上でシニカルなのです。「凄まじいものを描くなあ」といった彼女への強い関心がまた更新されました。2016/09/17

小夜風

33
【所蔵】別にファンじゃないんだけど、雑誌掲載時に話題になった読み切り版が読みたくて購入。人はコミュニケーションが取れなければ人間関係は築けないのだと、思い知らされる。正直、読み返すのはしんどい作品なのだけど、もう一度読んでみようかなと思いました。あと補聴器は本当に本当に高価なので、壊すのは(しかも何個も!)ありえないからね。聞こえないのに何故補聴器を着けるのかというと、危険を知らせる音(クラクションや非常ベル)に気づくため、身を守るためであり、補聴器を着ければ会話が出来る訳ではないのがつらいところ。2016/09/24

トラシショウ。

32
劇場アニメ公開を記念しての刊行だが、あくまで原作漫画作品のガイドブックとしての書籍。作者自身による詳細なインタビューでの本編の説明や連載の意図、主要キャラクターについての名前の由来やキャラの成り立ちや未来の展望等のいわゆる「全部乗せ」だが、やはり最大の目玉は連載開始前に本誌掲載され衝撃を呼んだ読切と、新人漫画賞入選作として世に出た二本の本編のプロトタイプの収録だろう。いささか饒舌に語り過ぎ、と思わなくもないが、こうした内容の書籍も求められる程の話題作だから「仕方のない事」なのだろう(以下コメ欄に余談)。2016/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11134400

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。