エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥734
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

エウレカの確率 よくわかる殺人経済学入門

  • 著者名:石川智健
  • 価格 ¥734(本体¥680)
  • 特価 ¥514(本体¥476)
  • 講談社(2016/10発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/22)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

製薬会社の研究員、三浦陽介の死体が自宅で発見された。警察は当初、事件性も疑って捜査した。なぜなら、「研究所の人間が人体実験をしている」と告発する怪文書が研究所内で発見されていたからだ。だが、1ヵ月経っても三浦と怪文書は結び付かず、アレルギー発作によるショック死と断定、事件性はないと判断された。その2週間後、経済学捜査員・伏見真守が向山製薬を訪れた。伏見は三浦の死に他殺の可能性があることを示唆した!