幻冬舎文庫<br> リケイ文芸同盟

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎文庫
リケイ文芸同盟

  • 著者名:向井湘吾【著】
  • 価格 ¥721(本体¥656)
  • 幻冬舎(2016/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344425385

ファイル: /

内容説明

数値化できないものが、大の苦手な超理系人間の桐生蒼太。
そんな彼が、なぜか文芸編集部に異動になって。企画会議、〆切り、売上目標、刊行予定……。
全てが曖昧な世界に苛立ちを隠せない蒼太は、クレーマー作家、熱意大好き上司らを相手に、ベストセラー小説を出すことができるのか。
新人編集者の汗と涙と活字まみれの日常を描いたお仕事小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホウフリンク

126
理系の人が主人公だろということはタイトルからもわかるのだが、それほど難しい数式が出てくるわけでもなく(多少はありますけど)、結局仕事なんてこんなものだろうと言う感じで、淡々と話が進んでいく感じです。 作家や編集、カバーのイラストなんかで、本は出来てるっていうのはわかるけど、じゃこの本はどうなの?って思ってしまった。 「熱意」が大事なんですかね、やっっぱり。 2020/09/17

おかむー

75
タイトルどおり理系バリバリの主人公・桐生が文芸編集者となり、迷いと苦難を経て一発逆転なお仕事小説。あらすじは面白そうなのだけれど、とにかく桐生をはじめ登場人物が魅力不足。感性第一のわからずや上司、楽天家でエネルギッシュな親友、ひとつの小説を人生の支えとする同僚女子と設定はよさげなのに、桐生の理系思考が壁になるというか、どこか論理的でないひとびとを見下している印象すら受けて終始モヤモヤ。終盤には桐生もそれなりにカドが取れるけれど、中盤までが欝々としすぎでマイナスな感触のまま終了。『可もなし不可もなし』2017/06/24

ポップノア

68
超理系人間の桐生蒼太は「かがく文庫編集部」から文芸編集部に異動になる。周りは当然文系の人ばかり。特に上司の曾根崎部長とは全く反りが合わない。隣席の気になる後輩・鴨宮凛とも言い争いになってしまう始末。唯一の同類・嵐田とミリオンセラーを出すべく同盟を結成する…。主人公の性格が特異なため少々もどかしいですが、編集の苦労が知れますし、ライバル社の下衆な進藤に一泡吹かせる場面は痛快でした。他とは違った視点で旧態依然の業界に立ち向かうお仕事小説ですが、向井先生の作品の割には数学濃度は低めで読み易かったです。2018/12/11

坂城 弥生

60
出版社のお仕事本。との触れ込みを読んで手に取りました。文系理系差別みたいなものがすごく強く感じられた。上司もやな人だけど、桐生も決して親しみやすい人じゃなかっなよ。むしろ「自分は正しい」って考えから抜け出せてない感じ。ちょっと傲慢さを感じた。そこに気づけるエピソードがあったらもっと面白かったかも。2021/01/15

hnzwd

45
出版社に編集者として勤める数学科出身の主人公が、統計学を駆使してベストセラーを狙うお仕事小説。色々詰め込まれてますが、そこは数学屋さんシリーズの作者らしく、理系要素はほんのりで、読みやすい、ある意味テンプレなお仕事小説になっています。ラストは前向きに終わり、パワーを貰える安心の作り。次作も期待できる引きなので、、シリーズ化するといいなぁ。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11183555

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。