京都しあわせ食堂

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

京都しあわせ食堂

  • 著者名:柏井壽
  • 価格 ¥799(本体¥727)
  • PHP研究所(2016/10発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569834382

ファイル: /

内容説明

京都には和食をはじめ、洋食、中華、そして各国料理など、美味しいお店が数えきれないほどあります。「京都で美味しいものを食べたい」と、食を目的に京都へ旅する人も少なくありません。とはいえ、前もって予約を入れるのは面倒だし、ガイドブックに載っているような評判の店で長蛇の列に並ぶのも億劫。街歩きの合間にふらりと立ち寄り、安くて美味しい食事に出合えたら――そんなワガママな願いをかなえてくれるのが京の「食堂」です。一見さんではちょっと入りにくい、京都人が普段使いしているうどん屋さんをはじめ、舞妓ちゃん御用達の洋食堂、京都ならではの中華食堂や軽食が美味しい喫茶店など、京都案内のカリスマが市内をくまなく歩いて見つけた48店舗を、著者おすすめのメニューとともに紹介します。「待ち時間ゼロ」で美味しさに出合える! そんなしあわせ気分を京都で味わいませんか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

92
京都と言えば伝統的な和食をイメージしがちであるが、喫茶店のランチ、ウンチク無用の気どらない洋食を食べるのも良い。もっとも私が一番そそられるのはやはり「京都人普段使いの食堂」なのだが。店の雰囲気は店主と常連のお客さんとの日々の積み重ねの中で作り上げたもの。その正体を”よそさん”が見極めに行くのは結構刺激的な体験に違いない。おそらくそこにあるのは京都人の日常。しかし”よそさん”にとってはその日常にこそが価値がある。ただし、ちょいと観であるからには”よそさん”としての分をわきまえたい。(笑)2017/08/27

たんぽぽ

15
京都旅行の参考に購入。 洋食屋かな?2016/11/14

Miz

7
柏井氏の京都本、最近何冊か読んでいますが、面白いですね。今回は食堂あれこれ。次に京都へ行ったとき、大いに参考にさせていただきます。2017/02/14

山内 ダイスケ

4
娘が京都で大学生活を送っているので、京都本はよく読む。 中でも実はコレが出色だった(笑) 単に、グルメ本というに留まらず、京都文化を知る一冊かなと。2017/02/24

あきこ

4
柏井さんの本は必ず読んでしまう。京都好きにはたまらないのだ。本書は読んでいるだけで幸せになれる。昔からの美味しい料理を正直に提供している食堂の紹介である。つい話題のお店の高い料理を並んで食べてしまうし、その満足度も高いと感じてしまうが、多分二度と行かない。いつでも迎え入れてくれる安心感が本書の食堂にはあるのだ。そして値段が安い。この値段でいいのか?鍵善のくずきりより安いランチなのだ。(比べるのも変だけど) 次回の京都ではこんな食堂に行ってみたい。2017/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11136138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。