集英社学芸単行本<br> 記憶の森を育てる 意識と人工知能

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

集英社学芸単行本
記憶の森を育てる 意識と人工知能

  • 著者名:茂木健一郎【著】
  • 価格 ¥1,652(本体¥1,530)
  • 特価 ¥1,321(本体¥1,224)
  • 集英社(2016/10発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

人類は、終わるのだろうか。知能指数40000の人工知能を前にして。答えは簡単ではないけれど、さあ、わたしたちは歩こう。話そう。そして森を育てよう。すべての記憶を土として。その上で踊る、泥だらけの生命として。『脳と仮想』から10年。意識とはなにかを考え続ける脳科学者、最新の論考。著者は、原始生命におけるおぼろげな意識の萌芽から、言語を有する人間の高度な意識状態にいたるまで、その発達を緻密に考察していきます。近い将来まちがいなく、あらゆることが人工知能にアシストされた、未曾有の文明社会が出現するでしょう。そのときわたしたちは、どのように自らの知性を磨いてゆけばいいのでしょうか。そのヒントは、記憶と意識の根源的な問題を扱ったこの本の中に、あちこち、キラリと光を放っています。

目次

はじめに
第1章 記憶と意識(過去を今につなぐもの
意識の採掘人
意識の進化のオーバーフロー理論
意識と統計的アプローチ
フローと超越的体験)
第2章 場所と記憶(瓦礫を一つひとつ拾うこと
なぜ、人はそこに行かなければならないのか
中谷宇吉郎と青首
グリーンフラッシュさえ、見たことがあるのかもしれない
ダウン・アンダーの空気
言葉と国家)
第3章 神と人工知能
重さを感じて生きる
対話と知性
人工知能の散歩)
あとがき