ITアーキテクトはA3用紙に図解する

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

ITアーキテクトはA3用紙に図解する

  • 著者名:春田健治【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 日経BP(2016/09発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822237882

ファイル: /

内容説明

システム構築に関するノウハウは、開発現場にたまっています。ただ、そうしたノウハウは体系立てて整理されておらず、先輩から後輩に受け継がれるなどして、個人に蓄積しているのが実情です。その結果、各現場には「この人はすごい」「この人こそ“職人SE”」と言われる人がいます。

 本書の著者はそんな“職人SE”の一人。著者は長年、金融システムの「ITアーキテクト」として活躍し、大規模ミッションクリティカルシステムの構築経験が豊富にあります。

 著者が20年以上の時間をかけて身につけたITアーキテクトとしてのノウハウ。それをまとめたのが本書です。著者が普段何気なく実践していることに注目し、「それをいつするのか」「なぜするのか」を整理しました。

 著者の実例が随所に織り込まれており、その取り組みには説得力があります。ITアーキテクトとして一流を目指すあなたにぜひ読んでほしい1冊です。

<目次>
第1章 ITアーキテクトの醍醐味
第2章 提案のゴールは、お客様による「選択」
第3章 要件定義での「見える化」
第4章 製品選定、導入方針の勘所
第5章 システム基盤設計のチェックポイント
第6章 システム基盤構築はストーリーを描く
第7章 システムテストの神髄は「再現性」
第8章 システム移行の鍵は計画の具体化と品質の積み上げ
第9章 ITアーキテクトの心得

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

テイネハイランド

9
図書館本。面白そうなタイトルにつられて借りました。「SEとITアーキテクトの違いは?」と疑問が浮かぶような門外漢ですので、JCL/非機能要件/システム基盤設計/タスクアペンド/伝送系/進捗報告の粒度といった専門用語に悩まされましたが、そこは自分でネットで意味を調べてカバー。結局、門外漢からみても、ごくごく当たり前のことが書いてある本のように思えました。一番印象に残った一節は、「顧客への企画・提案フェーズにおいて、すべてを伝えることがお客様の理解を深めるとは限らない」。確かにその通りだと痛感するところです。2016/12/25

subuta

1
多人数が参照する資料はA3紙1枚にまとめるよう勧めている。題名を見たときは図表作りについての本かと思ったが、実際は大規模システム構築の勘所を伝える内容だった。2019/02/24

ninn.atsu

1
自分自身、比較的実践していることばかり書かれていたので、それほど新鮮な感じではなかったが、ノウハウという意味でなかなか伝えられない部分を文字にしてあるので有用だと思う。でも、やっぱりアーキテクトという職種は自分でも色々試して失敗して身をもって体験していかないと納得しないのではないだろうか。マシンにきいてみる、つまり手を動かせってことが一番のノウハウでしょうかね2016/11/05

mimi

0
冒頭に図表例がある。本文は、A3スタイルにまとめるという点での特別なテクニックではなく、実際の一つの図要素の作り方を示している2017/01/27

NN100

0
同じ職務や立場ではないけれど、IT設備導入として共感するところがありました。図解して共有することが大切ということ、失敗の体験をもとにしたノウハウが紹介されていました。2021/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11179583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。