角川文庫<br> バースデーカード

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
バースデーカード

  • 著者名:吉田康弘【著者】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2016/09発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041048993

ファイル: /

内容説明

紀子は引っ込み思案の小学生。優しい両親と元気な弟と幸せに暮らしていた。ところが母・芳江が病気で他界。落ち込む紀子11歳の誕生日、生前の約束通り、なんと芳江から紀子にバースデーカードが届く……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のんき

88
この作品は泣けました。紀子が小学四年生の時、紀子の母の芳恵が、紀子が大人になるまで、誕生日カードを書くと約束して亡くなりました。芳恵が入院してる間に、亡くなるまで、紀子が11才になるときからの手紙を書いていたのでしょう。 母は、もういませんが、紀子は、毎年バースデーカードを開いて読みます。どれも愛情がこもっていて、紀子の知らない母を知ったりします。母は、生きてはいなかったけど、いつも紀子を見守ってくれてたんだなあ。とっても素敵な家族でした。2018/01/12

たるき( ´ ▽ ` )ノ

60
最後、グッときた。何回かそういう場面があったけど、最後やばかった。私も来週挙式を控えているけど、親に花嫁姿を見てもらえること自体が幸せな事なんだと思った。今の時期に読んで良かった(*^^*)2016/12/09

はる

52
心温まる物語。引っ込み思案な小学3年生の紀子は、母親を突然病気で失ってしまう。だが、次の年から亡くなったはずの母親から毎年紀子の誕生日にバースデーカードが届くようになる…。もし幼い子供を残して自分が死ななければならなかったとしたら、いったいどんな言葉をかけてやればいいのだろう。母親の想いが切ない。ラストには母親の小さなサプライズが。2021/02/28

たるき( ´ ▽ ` )ノ

34
再読。母の愛、父の大きさ、家族の温かさ・・・いろんなものが溢れている、素晴らしい作品。また5年くらいしたら読み返したい。2019/10/19

優花

28
実はこれ、作者を間違って買ってしまったんです。「吉田」だけ目に入り、てっきり吉田修一さんだと。これって単行本の時読んだっけ?と見たら「書き下ろし」とあったので即購入。読もうと思った時に吉田修一ちゃうやん、と思い、次は吉田篤弘か、とまた勘違いして読み始めるも、何か文体が違うな~とよく見たら康弘だった、という顛末でした。(笑)2016/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11132086

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。