大前研一と考える 秩序再編に揺れる世界の「国家の生存」戦略「企業の成長」戦略 - 【大前研一のケーススタディVol.23】

個数:1
  • Kinoppy

大前研一と考える 秩序再編に揺れる世界の「国家の生存」戦略「企業の成長」戦略 - 【大前研一のケーススタディVol.23】


ファイル: /

内容説明

■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第23弾
BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。

■もしも、あなたが「次期イギリス首相」ならばどうするか?
第二次世界大戦後、低迷していたイギリス経済がここまで持ち直したのは、EUに加盟しながら通貨や移動の独立性を保ち、対内投資の呼び込みに成功したことが大きな要因である。ドイツをはじめとするEU加盟国は、イギリスに対しEU離脱後はこれまでのような「いいとこ取り」は許さないという厳しい姿勢を明らかにしている。このような状況にあって、国家の生存をかけて今後いかにして経済成長を続けるか?

■もしも、あなたが「メディアテックの会長」ならばどうするか?
半導体設計のファブレスメーカーとして知られるメディアテック。スマートフォン向けアプリケーションプロセッサーは世界3位、中国市場においてはトップシェアを占める。しかし、2015年12月期連結決算は純利益が前期比45パーセント減少。これまでのビジネスモデルに競合が追随し主力の中国市場の成長鈍化や価格競争が起こる中で、次なる成長戦略は?

多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。

目次

│1│
はじめに
│2│
CaseStudy1 あなたが「次期イギリス首相」ならばどうするか?
│3│
CaseStudy2 あなたが「メディアテックの会長」ならばどうするか?
│4│
本書収録ケーススタディについて