壊れた尾翼 日航ジャンボ機墜落の真実

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

壊れた尾翼 日航ジャンボ機墜落の真実

  • 著者名:加藤寛一郎【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥933)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062568548

ファイル: /

内容説明

尾翼を失ったJAL123便に何が起きたのか。完全に制御不能だったのか。航空事故研究の第一人者が、飛行力学をやさしく解説しながら御巣鷹山(おすたかやま)墜落事故の謎を解く。独自の解析やボーイングへの独占取材など、他の追随を許さない分析力で真相に鋭く迫る。※本作品は、1987年8月に刊行された『壊れた尾翼』に文庫版補章を加筆したものです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スターリーナイト

0
2017-44 謎が多いが、圧力隔壁が壊れたのが真実となると、ミサイルとか標的とかの説明が難しくなるな。 2017/06/22

鐵太郎

0
1985年8月12日、日本航空123便ボーイング747型機(ジャンボジェット)は、突然垂直尾翼の大部分を失い、約30分間の迷走ののち、群馬県御巣鷹山に激突しました。搭乗者520名死亡、重傷の生還者4名でした。この本は、航空専門の学者として関わった著者が、事件の2年後に現した著作を、18年の時をおいて加筆・文庫化したものです。  http://homepage2.nifty.com/Tetsutaro/Writer/K/K041.html#K041-0022005/01/25

坊。

0
ダッチロール飛行の科学的分析が圧巻。2008/08/18

ジャガラモガラ

0
 数式での説明もあり抽象的な陰謀論より信憑性がある2020/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/39179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。