航空機事故50年史 第一人者がはじめてすべてを明かす

個数:1
紙書籍版価格 ¥921
  • Kinoppy
  • Reader

航空機事故50年史 第一人者がはじめてすべてを明かす

  • 著者名:加藤寛一郎【著】
  • 価格 ¥921(本体¥838)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062811989

ファイル: /

内容説明

飛行の歴史は、事故の危険性との闘いの歴史だ。技術者達は、乗客の安全を守るために、日々開発・改良を繰り返し、もっとも安全な交通手段として確立させた。しかし近年になり、最先端のテクノロジーを結集させた機体は、過去には稀だった「予想だにしない原因」による事故を増加させるようになってしまった。航空史上、重要な意味を持つ事故88例を取り上げ、技術の進化とともに変貌し、異常性を増す航空機事故の歴史を振り返る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nob

10
航空業界で特に重要な88の航空機事故を網羅的に紹介した本で、一つ一つの事故の紹介は簡素。事故は著者の主観で選んでいるというのは重々承知していることだが、それでも一部選択に疑問が残る。例えばB727の原因不明の墜落事故や操縦士の自殺事件を取り上げるのに、黎明期だから起きた雫石事故や最多の死傷者を出したテネリフェ空港衝突事故を取り上げていない。あと事故調査過程や事故をふまえての業界改善を知りたかったので少し物足りなさを感じてしまった。ただ業界全体で安全になっているということを再確認できる内容なのは良かった。2018/07/18

らぴ

9
航空機事故関係の本は色々読んでいるが、墜落事故がほとんどだったのでこの本にあるような離陸の失敗例など、初めて知るものも多かった。簡潔でわかり易かった。2010/04/17

ノチヲ

2
なぜ今の飛行機が無事に飛んでいるかと言うと先人の失敗があるから。と言うことがわかるね。いろいろチェックリストや制約が多いのも過去にいろいろあったからであって、過去を知っているのと知らないのでは考え方に大きな差が出るよね。歴史は大事だ。事故のチョイスがちょっと残念なのと監査的な記述がもったいない。

無謀庵@Reader

0
ひとつの事故についての記述はあっさりしてるけど、多く収集して分類して共通点を見出し、なぜ飛行機事故が起こるかをよく分析する。技術が成熟し、それでもまさかが避けられない。今年は、まさかそこにあるとも思われなかった大型防空システムが旅客機を誤射(?)した、なんていう新たなまさかが起きた。2014/08/17

ゲンゲン

0
読み終わった途端に今朝ウクライナでマレーシア航空の旅客機が堕ちた。事故か事件かの真相は分からない。それはさておき、ここに書かれている課題や問題点は、我々が目の当たりにしている原発の安全性問題に当てはまるように思えた。飛行機事故の半分くらいがパイロットによる人災と誰もが予想できなかったいわゆる想定範囲外のことによるものだ。飛行機事故によって「もう飛行機を飛ばすな」という意見がないことからも原発事故と異なり最小化した事故の損失よりも飛行機によって生み出される経済効果が大きいと世間が許容してるのからだろう。2014/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540347

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。