講談社現代新書<br> 生きづらい〈私〉たち 心に穴があいている

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
生きづらい〈私〉たち 心に穴があいている

  • 著者名:香山リカ【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061497405

ファイル: /

内容説明

もはや一億総「心に穴が空いている」状態。若者どころか現代の日本を広く被う「生きづらさ」、心が安直に悲鳴をあげてしまうメカニズムとその裏にあるものに切り込み、それでも現実と折り合う道を模索する。(講談社現代新書)

目次

第1章 満たされない私、傷つきやすい私(他人にはわからない苦しさ
いらだちの矛先 ほか)
第2章 いくつもの私、本当の私?(かろうじて「私」
「解離」ということば ほか)
第3章 最後の砦としての「からだ」(「自分がいない」の適応?
「応急処置」の自己回復 ほか)
第4章 自己回復のために(精神医療の役割
「このままでいい」わけじゃない ほか)
第5章 「偶然」と「必然」(恍惚と不安の世界
落としがちな命 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

melon

11
内因性精神疾患とは主な原因が体質的素因にある精神疾患 例)うつ病、躁鬱病、統合失調症2014/11/20

Elsa

2
夏休みあけの8月31日、9月1日に自殺する学生が多いというトピックをみました。香山さんは、2004年に10代や20代の若い世代の人達と現場で接してしている現実、実態を記していると実感。心の穴をぼんやりですが自分も感じてるとき、何してるかなあ?と振り返る時間にもなりました。2015/09/21

ほんわか

2
今の自分にピッタリ当てはまっていて、共感できる部分が多かったです。悩みで苦しんでいるのは自分だけじゃないと感じました。2014/01/12

わくわく

2
「心にぽっかり穴があいている 」という感覚を抱え、自分の感情や思考の引き裂かれに苦しむ人、さらには穴があいているどころか、自分がいくつもにもばらばらになり、「どれが本当の自分なのだろう」と苦しむ人について書かれています。 病名で「境界性人格障害」「解離性障害」って聞くけれど、どんな心の状態なのかよく分かりませんでしたが、この本を読んで苦しさがほんの少しですが分かった気がしました。勉強になりました。2013/05/17

まこちゃん

1
現代に生きる人々(特に若者)が感じる「生きづらさ」について心理的な構造や時代の流れとの関連性などの側面から分析したもの。結論として「何故『生きづらさ』を感じてしまうか」と「どう対処すればいいのか」については明確な答えは語られていないが、「生きづらさ」を感じている誰もがその「生きづらさ」から解放され充実した人生を送ることを望んでいるはずだ、という締めくくりに希望を感じました。人間の内面の奥深さや複雑さを改めて感じた一冊。2020/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/487933

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。