電撃文庫<br> プラスティック・メモリーズ -Heartfelt Thanks-

個数:1
紙書籍版価格 ¥759
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
プラスティック・メモリーズ -Heartfelt Thanks-

  • ISBN:9784048654098

ファイル: /

内容説明

現代より少し科学が進んだ世界。世界的な大企業SAI社が製造・管理する心を持った人型のアンドロイド、通称『ギフティア』は人間社会に溶け込み、人とともに生きていた。ただし、それが許されるのは、限られた時間の中だけのこと。81920時間――それがギフティアの寿命。持ち主とかけがえの無い時間を過ごしたギフティアの回収業務は、はたして想い出を引き裂くだけの仕事なのか? ツカサ、ザック、シェリー、コンスタンス、そしてアイラ――。それぞれが出会う「心からのありがとう」を描く珠玉の短編集。  【各章紹介】 「はじまりの場所 -Episode Tsukasa-」…自身も寿命を迎えつつあるギフティアの少女アイラと、仕事上のパートナー・ツカサが、ギフティア購入の場であるショールームを訪ね、そこで働くギフティア・フィルの「憧れ」と向き合う物語。 「捨てられたギフティア -Episode Zack-」…ツカサの先輩社員ミチルとパートナーのザックは寿命を迎えるセシリーの回収に向かうが、彼女は山奥の小屋に一人置き去りにされていて? 「機械仕掛けの歌姫 -Episode Sherry-」…古株だが不真面目な社員ヤスタカと、そんな彼に手を焼くシェリーはアイドルとして活動していたユーフェミアの回収を担当することになるが? 「ターミナルサービスの在り方 -Episode Constance-」…ツカサの直属の上司であるカヅキと優秀なパートナー・コンスタンス。業務の方法で会社上層部と意見が食い違うカヅキを見て、コンスタンスが取った行動は? 「親友の想い出 -Episode Isla-」……アイラが日記を書くのをやめてしまうきっかけとなった出来事、アイラにとって初めてできた親友・チェルシーと、彼女の所有者との物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

64
家族や恋人等、様々な形で人に寄り添うアンドロイド<ギフティア>。彼らには九年四ヶ月の寿命があり、寿命を迎えるギフティアを回収すると共に、所有者とギフティアがしっかりと別れを告げられるようにするターミナルサービスの社員達の、アニメでは語られなかった5つの物語。アイラがチェルシーというギフティアの少女と友達になり、楽しい日々を過ごすが、初めての友達である彼女を回収する事になる話で泣いてしまった。カヅキがアイラとのパートナー関係を解消した理由も描かれ、カヅキがアイラをとても大切に想っていた事が伝わってきました。2017/01/08

ツバサ

14
アニメが終わってからもう一年が経つのか…。アニメではあまりスポットが当たらなかった他のメンバーの短編があって、良い補完だった。どの話も切なくて辛いですが、救いがあって良いですね。これ読んだらvitaのゲームがやりたくなりました。2016/09/15

真白優樹

14
少し前に放送されていたアニメの短編集。読者の皆様はこのアニメをご覧になっていただろうか。心からの謝意を受けた事があるだろうか。この短編集は、会社のメンバーの中、掘り下げが足りなかったメンバーを掘り下げつつ心からの謝意という温かい感情を描いており、各個人について思い入れが深まり心も温かくなるのである。・・・自分、やはりツカサとアイラが一番好きであるが。あの二人、どこか先の未来で再び巡り合ってほしいものである。それぞれが誰かの謝意に触れ歩き出し、アイラはツカサの思いを受け止める。 ゲーム版も楽しみである。2016/09/11

優羽美月

13
アニメは2人の結末が辛すぎて、最後まで観ることが出来なかった。小説でもやはりギフティアとの別れに涙腺崩壊しました。小説はまた別モノなのですね。頑張ってアニメ再挑戦してみようかな。それぞれのパートナーの仕事ぶり、部長さんの思いなど、4つの話どれも素晴らしいです。☆52017/05/25

もっちゃん

12
アニメ本編では、随所随所で涙腺を刺激され、「大切な人と、いつかまた巡り会えますように」という名言も印象深い「プラスティック・メモリーズ」のスピンオフ!久しぶりにプラメモの世界に帰ってこられた気がしました。5つの短編集でしたが、どれも心温まる良い作品だったと思います。アニメ本編では、ツカサとアイラの関係に焦点を当てていた分、今作では他のペアについても描かれており、色々と興味深かったです。スピンオフではありましたが、十分に満足することができました。また、もう一度アニメを見直して見たくなりました。2016/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11174131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。