山と溪谷社<br> ヤマケイ文庫 穂高の月

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ文庫 穂高の月

  • 著者名:井上靖
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 山と溪谷社(2016/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

井上靖の山と自然にまつわるエッセー集。「氷壁」に関わる文章のほか、今までの紀行集やエッセー集に収められなかった作品を含め、少年期から円熟期まで、全集でしか読むことができない山と自然にまつわるエッセイ。

「氷壁」の舞台・穂高岳への登山、取材記を中心に、少年時代を過ごし「しろばんば」の背景となった天城の自然、海外ではネパールの旅など、文学者ならではの自然観が綴られたエッセー50篇を収録。作家の目が捉えた山や自然風物が作品にどう反映されたのかを探る。

内容:
1.天城の雲
少年時代の原風景について
2.穂高の月
山との出会いと「氷壁」の舞台を訪ねて
3.日本の風景
文学者の自然観
4.作品の周辺
山を舞台とした作品について

「あすなろ物語」「しろばんば」に描かれた故郷・天城によせる思い、「氷壁」の舞台となった穂高岳への山行、さらにはネパール・ヒマラヤへの旅。文学者の自然観と、作品構築に至る思索が表われたエッセー五十篇を収録。自然と旅を背景とした作品の成立過程をたどる。