【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!

  • 著者名:高橋洋一【著者】
  • 価格 ¥1,375(本体¥1,250)
  • 特価 ¥825(本体¥750)
  • あさ出版(2016/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

『21世紀の資本』主席訳者 山形浩生氏推薦!
「やっと出た、『21世紀の資本』のまともな解説本!」

728ページにもおよぶ、歴史的な大作『21世紀の資本』。
ただ、本当に重要な21枚の図がわかれば、 効率的かつ的確に読み解くことができるのです!

あの高橋洋一が解説する『21世紀の資本』とは?

いったい『21世紀の資本』のどこを読み、何を読み取ればいいのかが、わかります!

社会科学系の学者たちが書評などを通じて表した批評への、

ピケティの返答集(2014年12月時点日本未翻訳/要約)も掲載。
◆著者のコメント
本書をきっかけに、一度は放り出した日本語版をまた開く気になる読者、あるいは、日本語版を買って読んでみようと思う読者がいたらと、密かに願ってもいる。
『21世紀の資本』が、歴史的な著作であることは間違いない。まずは本書を通じて、ぜひ、その世界に触れてみてほしい。

――「まえがき」より

■ 目次
Part1 21枚の図で『21世紀の資本』を読んでみよう!
Part2 結局のところ、ピケティは何を言いたいのか?
Part3 『21世紀の資本』その先の可能性――ピケティからの「返答集」

■著者 高橋洋一