トヨタ式鬼十訓 私が大野耐一に学んだこと

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

トヨタ式鬼十訓 私が大野耐一に学んだこと

  • 著者名:若松義人【著者】
  • 価格 ¥1,098(本体¥999)
  • 特価 ¥440(本体¥400)
  • あさ出版(2016/08発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

今や世界中にその名を広めた「トヨタ生産方式」。
この生産システムを体系化したのが、トヨタ自動車の元副社長である、大野耐一氏です。
トヨタの仕事術の真髄を明らかに。

■目次 トヨタをつくった「大野耐一の鬼十訓」

●第1訓 君はコストだ。まずムダを削れ。それなくして能力は展開できない。
●第2訓 始めたらねばれ。できるまでやめるな。中途半端はクセになる。
●第3訓 困れ。困らせろ。安易を好む人と決定的な能力格差がつく。
●第4訓 ライバルは君より優秀だ。すなわち君は「今」始めることでのみ勝てる。
●第5訓 仕事に痕跡を刻め。十割を命じられても十一割めを自前の知恵でやれ。
●第6訓 平伏させず心服させろ。そのためにはだれより長い目で人を見ることだ。
●第7訓 「できる」とまず言え。そこに方法が見つかる。
●第8訓 失敗を力にしろ。真の自信も運もリカバリーから生まれる。
●第9訓 労働強化を避けよ。人間「ラクになるには」に一番頭が働く。
●第10訓 お客の叱声は成功の呼び声だ。逃すな。いじけるな。考え抜け。

■著者 若松義人