真夏の葬列

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

真夏の葬列

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥628(本体¥571)
  • 講談社(2016/08発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062752411

ファイル: /

内容説明

彼女は赤い花が好きだった。守は美知の柩の上に赤いバラを手向けた。北池袋の小さなバーは、妹・佐知の店になった。美知を自殺にまで追い込んだのは、誰か?美知を愛していた冬生も、真相に行き着いた守も、半殺しの目に遭う。このまま尻尾を巻くのか、男として生きるのか!?青春ハードボイルドの傑作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読書管理用

3
5点/10点 北方ハードボイルドにしては珍しく、喧嘩が弱い主人公。そうした主人公はボクシングジムに通って強くなるのがデフォだが、それもしない(チャンスがあった)し、自分が惚れていた事も女が死んで気付くような、何とも残念な男。それでも筋を通そうと、友の為に奮闘する。ハードボイルドというより純文学の部類。2016/11/09

霜月什緑

2
ハードボイルドのイメージが強いためあまりに若々しい青春劇にこれが北方謙三?と驚いてしまった。惚れた腫れただのドラマ的でした。2013/11/04

湯豆腐

0
青春を終わらせるために車を走らせる男二人。後年の北方謙三が歴史小説でやろうとすることの全てが純なかたちで表れている。2016/09/20

dommy

0
北方作品は歴史小説の方が好きだけど、さらりと読めるところは同じです。2016/02/28

maren

0
旅行にと図書館で借りた本。この時代の北方さんはとんがっているな2013/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/75578

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。