金子兜太 いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

金子兜太 いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」

  • ISBN:9784093884884

ファイル: /

内容説明

俳句の達人をうならせた平和のうた352句。

東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の朝刊1面に一日一句が掲載中の人気企画「平和の俳句」が一冊の本になりました。

連載が始まったのは、戦後70年にあたる2015年。その前年に、現代俳句の第一人者である金子兜太氏と、作家のいとうせいこうさんは語り合います。
戦争体験を、また体験していないけれど戦争体験をどう考えるかということ、平和を願う気持ちを、俳句にしてはどうか。
それを新聞で募集して載せたらいいのではないか--と。

言葉の力に期待したふたりの声かけにこたえ、2015年末の時点で5万7000通の「平和の俳句」が寄せられました。
下は3歳から上は106歳まで、日本だけでなく世界中から、ドキドキする俳句が集まったのです。

この本では、2015年に選ばれた352句を一挙掲載。

選者ふたりによる選評や対談記事もあわせて掲載!

いとうせいこうさんは、この投稿を「軽やかな平和運動」と呼んでいます。
“戦後”が71年、80年、100年、永遠へと続くよう、あらためてこの年に選ばれた「平和の俳句」を、ぜひまとめて、声に出して読んでみてください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうゆうpanda

43
素晴らしい句ばかりだったが私なりに五選。/うばわずにこわさずに明日はぐくむ手#佐藤宏美/あ ひこうき 子供に言える平和かな#中本智美/私も知らぬ戦争を我が子にさせられぬ#大林みはる/…同世代の母達の俳句に共感。/父はただ穴を掘ったとしか言わぬ#青砥和子/…犠牲になった方たちだけではない。体験者した世代の全て方の心に深い傷が残る。/戦争をしちゃいけないなんて子どもでも分かるよ#中山実里/…16才に私達の選択は見られていると心得よ。選者の金子兜太、いとうせいこうの解説はさらに熱い。軽やで芯と真のある平和運動。2016/08/15

とよぽん

18
老若男女、様々な世代の人が、心から平和を願って作った俳句にたくさんの感動をもらった。小中学生の作品も素晴らしかった。2018/04/28

ひかりパパ

10
中日新聞、東京新聞の朝刊に掲載された平和の俳句をまとめたもの。それぞれの平和を願う気持ちが17文字に込められている。私が気に入った句は「野菊抱き官邸前のデモのひと」、「九条を吸ってェ吐いてェ生きている」、「若者に武器より強い夢もたせよ」金子兜太といとうせいこうの選評が読んでいて楽しい。2017/08/08

たな

4
東京新聞・中日新聞などで昨年から行われている「平和の俳句」、2015年度分をまとめた一冊。新聞一面の左上にほとんど毎日掲載されていたものがそのまままとめられた感じで、もう少し書き下ろしの文書があったらよかったなという印象を受ける。2016/07/01

かたばみ

3
図書館で見つけた一冊。これはよい。手元に置いておきたいとすぐに書店で注文しました。今、時代が、日本という国が分かれ目というか危うい空気をなんとなく感じているんだけれど、こうして平和を詠むことでその空気をわずかでも変えていけたらいいな。2022/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11080734

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。