あさ出版電子書籍<br> リーダーならもっと数字で考えなきゃ!! 黒字上司の言葉 赤字上司の発想(あさ出版電子書籍)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

あさ出版電子書籍
リーダーならもっと数字で考えなきゃ!! 黒字上司の言葉 赤字上司の発想(あさ出版電子書籍)

  • 著者名:香川晋平【著者】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 特価 ¥220(本体¥200)
  • あさ出版(2016/07発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 50pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784860635800

ファイル: /

内容説明

リーダーならもっと数字で考えなきゃ!! 黒字上司の言葉 赤字上司の発想 (あさ出版電子書籍)

「すごい上司になる仕事のヒント114」

◆著者のコメント
リーダーが評価される「基準」とは何だろうか?
それは “数字”である。
プロスポーツの世界を見ればわかりやすいだろう。
いくら選手からの人気が高いからといって、万年最下位の監督やチームキャプテンが、ずっとその立場に居続けることはない。
リーダーは、チームに求められている結果をきっちり出して、初めて評価されるのだ。

では、求められる結果を出すために、リーダーはどうすればいいのか?
その具体的な方策をまとめたのが本書である。

今回も、前著『もっと仕事は数字で考えなきゃ』と同様、
私が見たり聞いたりした関西弁の格言(?)を多数収録した。

・ひまわりばっかり見てんと、きれいな月見草もしっかり見たれよ。
・鳩に手品させるって、そりゃなんぼなんでも任せすぎやろ!
・昼メシ後に数字でゴチャゴチャの資料って、自分「ラリホー」使いか?
・ギリギリになってから部下にギャーギャー言うても、そら「今さらジロー」やで。

……などなど。これらの言葉が、読者の皆さんの数字力向上に寄与すれば、著者としてはうれしい限りである。

◆著者はこんな人
香川晋平(かがわ・しんぺい)
公認会計士・税理士
大手監査法人在籍時から、自費でビジネススクールに通い、30歳でリフォームの株式会社オンテックスに入社。「従業員1人当たりの会計データ」を導入し、従業員の生産性を向上。入社後、わずか90日で経営管理本部取締役に就任、在任2年は累計利益は業種別ダントツNo.1となった。その後、5期連続50%超増収のベンチャー企業や、従業員平均年収1000万円超の少数精鋭企業などの会計顧問をし、数社の非常勤役員も務める。また、大学で会計数値を使って「会社が従業員に期待する成績」を解説し、学生の仕事に対する意識改革に努める。
 著書に『東大卒でも赤字社員、中卒でも黒字社員』(リュウ・ブックス アステ新書)、『「デキるつもり」が会社を潰す 「絶対黒字感覚」のある人・ない人』(中公新書ラクレ)『もっと仕事は数字で考えなきゃ!』(あさ出版)がある。