集英社文庫<br> 八月の青い蝶

個数:1
紙書籍版価格 ¥626
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

集英社文庫
八月の青い蝶

  • 著者名:周防柳【著】
  • 価格 ¥583(本体¥540)
  • 特価 ¥466(本体¥432)
  • 集英社(2016/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

【第26回小説すばる新人賞受賞作】「わしはずっと八月を、くり返してきたんじゃ」。急性骨髄性白血病で自宅療養することになった亮輔は、中学のときに広島で被爆していた。ある日、妻と娘は亮輔が大事にしている仏壇で古びた標本箱を見つける。そこには前翅の一部が欠けた小さな蝶がピンでとめられていた。それは昭和二十年八月に突然断ち切られた、彼の切なくも美しい恋を記憶する品だった。

目次

一章 標本 2010年8月
二章 動員 1945年8月
三章 初恋 1945年8月
四章 証明書 2010年8月
五章 脱皮 1945年8月
六章 飛翔 2010年8月