東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

東芝 粉飾の原点 内部告発が暴いた闇

  • 著者名:小笠原啓【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2016/07発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822236618

ファイル: /

内容説明

何がトップを隠蔽に駆り立てたのか
原発子会社の赤字隠しをスクープした
「日経ビジネス」の記者が徹底取材で明らかにする不正会計の構図

「時間がないんだよ。今月はどうするの。160に対する施策を出してくれ」
「施策が出せないなら(社内カンパニーの)社長に直接そう言えよ、アンタがやるって言ったんだから。あと1週間で160を積むって約束したでしょ。ふざけてるのか」……

上司の厳しい叱責が続く会議の様子。これは、雑誌「日経ビジネス」に持ち込まれたICレコーダーに録音されていた音声だ。ほかにも800人以上の東芝の現役社員やOBらの関係者から多くの情報が寄せられた。
本書は、これらの内部情報と取材班の徹底取材をもとに、なぜ、東芝が不正会計に手を染めることになったのか、その根本的な原因に斬り込む。
東芝は、真の意味で「新生」したと言い切れるのだろうか。
企業の“けじめ”のつけ方を問う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
東芝というのは私の友人もかなり入社していて、昔からおっとりしている会社だといわれていたのがこのようなざまになっているのを読むにつけ、組織あるいはトップがどのような方向性をもっていくかなのでしょうね。こんなにひどい会社というのはない感じです。監査法人も腐っていますね。ただ記者がこれだけ書いてもつぶさないというのはどうしてなのでしょう。影響が大きいということなのでしょうか?中小企業などはすぐに粉飾を行うと社長などが逮捕されたりするのに、と思います。日航でさえつぶして今はまたよくなっているのですから。2017/09/04

えちぜんや よーた

78
会計や法務の専門的な内容が多く、ほとんど分からないから飛ばし読み。ただ、ところどころ出てくる関係者の証言を読んでいると、経営幹部から末端社員までひとつの会社に定年まで(場合によっては定年以降も)とどまるのが当然と考えている意識が、完全に裏目に出ているように感じた。2016/09/11

テディ

48
日経ビジネス記者のスクープと東芝本体と関連会社の内部告発が生々しく書かれている。ウェスチングハウスの減損処理を巡る粉飾、マスキングによる利益嵩上げ。そして世の中で有名となったチャレンジという名の無理なノルマの設定。こんな社内では忠誠心は無くなりパワハラが横行するのも当然と思う。自分の保身しか考えない歴代の社長と取り巻きが東芝を食いつぶした。名経営者の土光さんから始まった日本の技術力は日本人自らが捨て去った自業自得の結果であり海外への技術流失は非常に残念であるが已むを得ない。半導体事業の海外売却は仕方ない。2017/04/29

ネコ虎

18
組織ぐるみの不正だが、余りにも多くの経営幹部が関わっているので、全く反省もないし、膿を出そうという意気込みが感じられない。現場社員が可哀そうだ。癌は西田元社長だ。経営能力も無いのに剛腕で、面子だけを気にする最低のタイプだ。この男が伝統のある東芝を腐臭に満ちた組織に追いやった。あとの経営幹部は烏合の衆。会社や社員より自分だけが可愛いし、上司に気に入られたいだけの下司野郎たちだ。不正・粉飾のオンパレードだが、悪いことをしているという意識は皆無で、景気がよくなれば元に戻ると他人まかせ。日本の旧軍を思わせる。2017/08/30

坂本新

18
非常に面白い。読み物としては全く魅力的ではないが、資料としては最高級の面白さである。物語ではなく、実際に起こった事件の記録として、これは本当に全会社員に読んでほしい。なんなら高校や大学の教科書として、なぜ不正が起こるのか、どうして不正や犯罪はいけないことなのかということを学ぶ教材にしてほしい。それぐらい素晴らしかった。任期数年の社長が、自分の任期のことだけを考えて不正に手を染めていく流れは、考えてみれば当然起こりうることなので、この事件は誰にとっても他人ごとではないはずなのだ。2016/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11080189

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。