PHP新書<br> だれが沖縄を殺すのか - 県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
だれが沖縄を殺すのか - 県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造

  • ISBN:9784569830360

ファイル: /

内容説明

いまの沖縄は、あまりにおかしい。このままでは、日本の民主主義は沖縄から破壊されかねない。メディアは「日本への憎悪」や「琉球独立」を煽るような記事を掲載し、活動家(県外からきている人も多い)は地元住民を脅えさせるほどのヘイトスピーチや暴力的な抗議活動を繰り返し、政治家や学界も事実に基づいているとは言い難い言論を展開する。ここにあるのは、無責任なメディア、言論の自由も守れぬ学界、不透明な県政、革新系がつくった偏った教育、狭小な言論空間……。こんな環境下の沖縄県民こそが本当に“かわいそう”な存在だ。そしてこの奇妙な構造の背後には中国の影が――。神戸大学大学院で博士号を取得し、大阪大学准教授を経て、沖縄海兵隊の政務外交部次長を務めた著者が、日本を愛するアメリカ人として沖縄と日本の危機を鋭く告発。民主主義、メディア、基地問題、日米関係などについて、「沖縄問題」という切り口を通して問題提起する。第1章 沖縄人民の民族自決?──沖縄独立論という虚妄 第2章 「真実」を報道せず「感情論」を煽り立てる──沖縄とメディア 第3章 民主主義を守れていないのはどちらだ──あまりに悲しき不透明な政治 第4章 これ以上、普天間について嘘を言うな──いまこそ持続的で包括的な政策を 第5章 日米同盟と海兵隊が日本に欠かせない理由──世界のために何をすべきか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆきこ

14
辺野古移設問題を中心とした沖縄問題について論じられた一冊です。沖縄問題に関する本を読んだのはこれが初めてだったので、沖縄のメディアや政治家、そして平和活動家の実態には驚きの連続でした。アメリカ出身の方が書いた本ですから、アメリカ寄りの意見と言える部分も多少あるかもしれませんが、大部分においてとても客観的な考察だと感じました。あとがきの、「民主主義の敵は「無関心」である」という言葉が印象に残りました。沖縄問題については多方面から様々な意見があると思うので、もっと関心を持って勉強していきたいです。2017/01/23

ケイ

13
普天間基地の移設問題、二大新聞のあまりにも偏った報道、背後に控える中国……様々な要素がてんこもりでした。いくら何でも震災の時の「トモダチ作戦」について、ここまで的外れの批判で貶めるのはモラルが問われて然るべきだと感じます。そして基地反対派の過激な行動も問題視されるべきなのに「臭いものには蓋」という風潮が蔓延っているためか、二大新聞に報道されることは決してありません。自分は沖縄県とは縁もゆかりもない所で育ったので偉そうなことは言えませんが、良識ある沖縄県民の方々の声を封殺するのはいかがなものかと思いました。2016/11/29

くりりんワイン漬け

8
反基地団体の活動はyoutubeでも見ることができます。ニュース女子事件のこともありますし、我々は今一度色々な角度で情報を読み、その根拠はなんなのか?それは論理的なのか?我々が調べながら理解を深くしていかなければいけない。私はその視点で多くはないが読んできた上で、エルドリッチ氏の言わんとすることは理解できるし、すべてではないが、今後のアプローチについても理解できることが多い。2017/05/07

7
沖縄に関する驚くほど冷静な分析。色々なものが複雑に絡まっているが、やはり沖縄県民がかわいそう。翁長は論外で、琉球新報と沖縄タイムスが癌なのは良く知られているが、辺野古移設では問題が解決しないこと、普天間基地が世界一危険なのは作り話であること、沖縄に米軍基地の7割以上があることは数字のマジックであることなどは新鮮な驚きだった。2016/05/04

nabe

5
沖縄の新聞二紙はまるで米基地反対派の機関紙だな。同様な悲惨な事件、事故は日本人によっても起きているが、容疑者が所属する組織などに対する非難は聞かない。要は差別意識ではないか。米基地反対派は米軍の後に自衛隊が駐留したら歓迎するのか?その時は自衛隊反対を叫ぶのか?中国軍が尖閣の目前まで来た現在、独立まで言い出す人達は、沖縄が独自で独立を守れると本気で思っているのだろうか?首長ともあろう方が、感情的になり過ぎて冷静さを失ない、選挙公約にしたから後に引けなくなっている、としか思えない。2016/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10911437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。