マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,160
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸

  • 著者名:上島千鶴【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 日経BP社(2016/07発売)
  • 深まる秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/18)
  • ポイント 500pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「マーケティング活動を実践しているが、部門をまたいだ全体評価をどのように設計したらよいのか分からない」

「マーケティングのKPI(重要業績評価指標)の設定方法や目標値、基準値に社内で統一した『ものさし』がない」

デジタルの活用でマーケティングが大きな進化を遂げた今、マーケティング部門の幹部、そして現場のマーケ担当者が多くの悩みを抱えています。こうした悩みを抱える人に向けて、リードをベースにした評価軸や全体マネジメントの視点から考えたKPIを体系的にまとめました。

「リード」という概念の解説から、「属性情報」と「状態情報」の違い、そして「SQL」や「MQL」といった具体的な管理のための指標までを分かりやすく整理。今後のBtoBマーケティングの重要キーワードといえる「アカウント・ベースド・マーケティング(ABM)」についても詳しく解説しています。

さらに実際にKPIを策定した企業の事例を、本書で解説した指標を交えて紹介します。企業が「売れる仕組み」を作り、それを評価するまでのステップを理解できるでしょう。

著者は「WEB来訪者を顧客に育てる リードナーチャリング」(日経BPコンサルティング刊)で「ナーチャリング」という言葉を日本に広めた上島千鶴 Nexal代表取締役です。