夜が傷つけた

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader

夜が傷つけた

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥691(本体¥629)
  • 講談社(2016/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062767194

ファイル: /

内容説明

依頼人は若すぎた。義姉の行方を心配する和夫は中3だった。消えたのは、洋子。弁護士の谷道雄がかつて愛した女。兄を殺された和夫は謎の大人たちに殴りつけられた。抜け殻同然だった谷が動き出す。久しぶりの全開に暴れ馬(アルファ・ロメオ)のエンジンも吠える。男の生きた痕跡は躰(からだ)に刻みついた傷だ。北方ハードボイルドの快作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

64
血と情と欲。すべてが幾重にも絡み合った末の殺人事件。兄の死に納得できず、真相の解明を願った依頼人は、十五歳の少年だった。必要なのは覚悟。最後までやり通す決意。前作に引き続いての谷と杉田の同級生コンビは、なんだかんだ良いコンビだと思う。彼らは戦いのプロじゃない。だけど、身体を張って真実の糸を手繰り寄せる。彼らの中にあるのは損得ではなく、自分が納得できるか否か、だ。だからこそ、高樹も彼らにそっと歩み寄るのだ。解けてしまえば単純な動機。苦い思いがこみ上げる。物語を締めるラストの一文には痺れました。さすが北方!→2016/03/15

セウテス

60
谷弁護士二部作ー2弾。「依頼人はあまりにも若すぎた」兄の死の真相解明を願ったのは、15歳の中学生であった。ロバート・パーカーの「初秋」を感じさせる。若者に道を示すのは、大人の責任なのだ。車に酒にたばこと必需品がずらりと並ぶ、ロスマクやチャンドラーなどの特徴的な趣向品、ハードボイルド通には外せない描写も最高だ。依頼人の兄を襲った者は誰なのか、何故なのか。北方氏の作品に、個人の内面を深く追求するスタイルを思い描く読者も多いだろうが、本作は謎を追うハードボイルドミステリー、私には丁度良いバランスであったと思う。2017/01/07

GAKU

50
弁護士谷シリーズ第2作。依頼人は15歳の和夫。兄が殺され、義姉が行方をくらましたという。義姉の洋子はかつて谷が愛した女。抜け殻同然だった谷の中で、何かが動き出す。 和夫に“男とは”を教える谷。私大ファンのロバート・B・パーカーの名作「初秋」のスペンサーを彷彿させる。相変わらず元刑事の相棒杉田も良い。殴られても、蹴られても、何度も立ち上がる谷。そしてあの老いぼれ犬高樹も登場し、物語はクライマックスへ。今作も北方ワールドを堪能させていただきました。⇒ 2016/04/02

せ〜ちゃん

26
★★★★★2016/05/10

読み人知らず

8
続編でしたが先に読んでしまった。主人公三十六才って同い年だよ。こんなにおっさんになってないよ。ぶれない感じが大人です。2016/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/659179

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。