「がん」では死なない「がん患者」~栄養障害が寿命を縮める~

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

「がん」では死なない「がん患者」~栄養障害が寿命を縮める~

  • 著者名:東口高志
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 光文社(2016/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334039219

ファイル: /

内容説明

がん患者の大半が感染症で亡くなっている。歩いて入院した人が、退院時にはなぜか歩けなくなっている。入院患者の3割は栄養不良――。こうした実態の背景には、栄養管理を軽視してきた日本の病院の、驚くべき「常識」があった。人生最後のときまで食べたいものを食べ、がんを抱えてでも、本来の寿命まで元気に生き抜くことはできる。そのために、私たちが知っておきたいことは何か。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

77
インパクトのあるタイトルだが、がんに限らず「いきいきと生きるためには食べることが大切」この言葉に尽きる。日々の口から摂取する食事がいかに大切かということがとてもよくわかる。そして、病院での栄養管理は充実しているとは言えないと、自分が抗癌剤を投与されていた時のことを振り返ってみる。あの時は若くて体力もあったからひたすら食べずに吐き気を乗り切る方法を選択したけど、それじゃダメ。とにかくちゃんと食事をとること。それができない場合はどうすれば食べられるようになるかを指導してもらうこと。かなり参考になる本でした。→2017/11/28

里季

69
難しかった。でも、著者が言うことには賛同する。栄養障害が問題なのだ。私は胃癌で胃全摘をしたのだがその後の栄養にはとても困った。特別に余計にお金を払って栄養相談を受け、頑張った。そうでなければ、手術が終わったら放り出されておしまい。これが、高齢者でもともと栄養状態がよくない人の場合だと大変だということがわかる。日本では栄養指導は医療のうちに入らず軽視されているというのが残念でならない。2017/10/07

501

18
癌で病院にかかっている患者が栄養障害に陥っているのは衝撃的。栄養管理の大切さを著者自身の経験と根拠をもとに丁寧に説明され熱意が伝わってくる。大切といっても、どういう症状のとき、どのような栄養を取ればいいのか判断するのは素人に難しいよな。2017/09/19

はるわか

17
がんで入院してもがんで死ぬ人はたった2割。8割は感染症で亡くなっている。それは栄養不足からくる免疫機能の低下によるもの。栄養障害とは栄養素のバランスが壊れることによる代謝障害。栄養軽視だった日本の医療。術前術後の栄養が回復のカギ。2019/08/25

梅ちゃん

17
「がん」で亡くなる人の8割は感染症であるとのこと。原因は栄養障害による免疫機能の低下。身体に栄養を入れる方法で一番良いのは口から入れること。少なくとも腸を使えるようにするのが良い。腸を使わなければ小腸粘膜が萎縮し、免疫機能が低下して、小腸の中にあった最近や毒素が全身に回る。専門的な言葉もたくさん使われていて、分かりにくいところもありましたが、大いに興味深い本でした。食事がつい好きな物に偏るので気をつけなくては。2016/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10997881

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。