的を射る言葉 Gathering the Pointed Wits

個数:1
紙書籍版価格 ¥492
  • Kinoppy
  • Reader

的を射る言葉 Gathering the Pointed Wits

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥492(本体¥448)
  • 講談社(2016/06発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062766579

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「気づく」ための、ユニークなメッセージ集。著者HPの「本日の一言」108を編纂。「虚しいと思う気持ちは虚しくない」など、本質をずばずばと射抜くことばが並ぶ。繰り返し味わいたいメッセージブック。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すい

66
この作品を読み上げるのに1年という年月をかけたのは、きっと私を措いて他にはいないだろうなぁ。と思ってしまうほど読み易かった。森博嗣が自身のホームページに載せていた「本日の一言」から抜粋して作られた語録集。胸に響く一言から、読んだ次の瞬間には忘れ去ってしまっているような一言まで、本当に様々な一言が収録されていた。項目は108。これ、煩悩の数と同じ(笑)こういう所が嫌いになれない原因かと思われます。小説を読んで何度裏切られようとも、本屋に新刊が並んでいれば気になって足を止めてしまう。困ったものです。 2012/09/15

いちろく

36
紹介していただいた本。フリーマーケットのフリーは、自由でない。そうなのですよ。日本語の意味は、蚤の市ですよね。蚤の市と知っていたのに、解っていたのに、フリーを蚤ではなく自由の意味と勘違いしていたのは、私。fleaだからね。free じゃないからね。それが解っただけでも、この本を読んだ価値は十二分にありました。森博嗣による言葉遊びの本。2020/08/26

akira

32
言葉の切れ味を求めたエッセイ。 あえて「抽象」的に、具体性を削ぎ落した言葉は切れる。 どこかで見たなと思ったら、これは日記シリーズの毎日の冒頭にある「本日の一言」。日記の内容に関係はなく、ただそこに一つのフレーズとして存在していた。突拍子のないこれらは、ひとつの楽しみ。 こうして抜粋されると、面白い。気づきもあるし、思わず笑ってしまう。 森先生の魅力は、これらの言葉を思いつくその「視点」だと思う。 「『暗くなるまでまった』とか『ライ麦畑でつかまえた』だと、どーもいかんな」2013/05/28

ぺぱごじら

32
犀川先生の『意味なしジョーク』連発集のような言葉遊びの連続。でも時々ドキリとするのはどこか的を射ているからかも。こうした素朴さは、穂村弘さんあたりに通じるものがあるなぁと思い出したら、やたら『にょっ記』が読みたくなり再読してしまった(笑)。『比較』の中にある『攻撃と防御』『判断』の項は、何かもやもやしていた所がスカッと開けたような気分にして貰えました。…てな『比喩』はきっと『気分だけで満足して安心する人が多い』と言われてしまうのかも(笑)。2012/05/25

いずむ

26
付箋を付けながら読書する人の本はたいてい付箋だらけ。付箋をした後、きちんと再読する人は、一割にも満たない。そして、一割未満の彼らは付箋を付けていないところまでしっかり再読する。そういう人種は概して大掃除の時に卒業アルバムを眺めて一日を潰す可愛らしい人たちだ。と、自己分析してみました。(とか書いてるヤツの書いてるコトなんて、サムライジャパンのシュートくらい的外れ。)恥を知れ、と言う話。辞書をひけば意味くらいはすぐ調べられるぞ。さてさて、言語明瞭・意味不明。あ、そこのアナタ。『意味』の意味を50字で。2011/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/689871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。