ブルーバックス<br> 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,188
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図

  • ISBN:9784062577212

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

数十トンもある雲が落ちてこないのはなぜ? 高原は太陽に近いのになぜ涼しいの? ジェット気流って何? 高気圧や低気圧はなぜできるの? 日頃の疑問が氷解します! 原理がわかると、知らなかった気象の姿が見えてくる――気象と天気のしくみを原理から詳しく丁寧に解説した「わかる」入門書。やさしい語り口ながらも気象学用語の多くを網羅。気象予報士を目指すスタートにも最適。(ブルーバックス・2011年3月刊)

目次

1章 雲のしくみ
2章 雨と雪のしくみ
3章 気温のしくみ
4章 風のしくみ
5章 低気圧・高気圧と前線のしくみ
6章 台風のしくみ
7章 天気予報のしくみ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

74
気象学というのは、地学の一分野であると思うのですが、あまりよくわかっていませんでした。毎日気象予報をなにげなく聞いていますが、そのためにはかなりのことがわかっていないと駄目であるということが理解できました。この本は非常にわかりやすいと感じました。以前ほかの気象についての本を読みましたが、これをもう少し早く読んでいたらという気がしました。2015/07/26

ひろき@巨人の肩

30
気象学の奥深さに触れられて大変面白かった。気象変動に対する今回の気づきは2つ。1つ目として気象変動は地球の自転、水の蒸発・凝集、熱放射が原動力となる。もう1つは風・気圧の変化は三次元で考えないといけないということ。一度、読んだだけだと後半部分の理解が追いつかなかったため繰り返し再読したい。実際のデータを見ながら勉強したかったので気象庁のホームページはお気に入りに登録した。2015/06/17

いずむ

22
例えば、水の沸点は摂氏百度であるコト。ただし標高が上がるとその温度は下がるコト。「なぜ?」ボクを夢中にさせる入口はそこだった。教えられるままに受け取り、疑問を抱いてこなかった思考停止を思い知り、ひどくショックを受け、悔しくも笑い出しそうなくらい嬉しかった。文字通り、いつも肌に触れているものについてさえ、知らなかったコトがたくさんあった。そして、そんな身近で、しかし目にみえない空気の動きについて、地球という規模でこんなにも分かっているのだ、という驚嘆・感動。そして、雲や風の流れを感じるのが何となく、楽しい。2013/11/27

オザマチ

17
熱力学やコリオリ力を知っていれば、こんなにも多くの現象を理解できるようになるのですね。2013/09/16

はちめ

11
難しかった。中学卒業程度の理科力で理解できると書いてあったが、自分の理科力はそれ以下であることが分かった。天気予報の仕組みとか極一部分分かったこともあるので良しとしておこう。きっと理科力が高い人には良い入門書なんだと思います。☆☆☆★2020/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2979994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。