講談社現代新書<br> 視点をずらす思考術

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
視点をずらす思考術

  • 著者名:森達也【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 講談社(2016/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062879309

ファイル: /

内容説明

日本中が二項対立と単純化の論争をしている。少し角度を変えて物事を捉えてみる。時差をつける。逆の発想をしてみる。政治・憲法・日米関係・メディア論など、「個」を貫くことで世界と繋がる心と脳の鍛錬法。(講談社現代新書)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこしま

25
あえて見えない敵を作らせる国家。不安を煽るための自衛意識が戦争を呼ぶ。◆タイトルはハウツーになっていますが、自己体験や視てきたモノをエッセイで語るアンソロジー。皇室、9条、ビンラディン、放送禁止歌などのタブー。◆オウム真理教をどう感じますか?暴力的な集団でしょうか?森達也≒オウムくらいに取材しまくって自主映画まで催すほどです。実はごく普通な人々。だからこそ宗教ほど戦争になりやすいものはないと見解。今の政界をみてください。強制的に国を愛せよ!って理解できますか。◆KYと自称する彼のタブー破りが面白いです。2016/05/15

朝日堂

22
エッセイ所収。とりわけ憲法九条二項堅持についての考えが鋭い。「元はといえばアメリカから押し付けられた憲法で、テロと戦争に覆われるような現在においては、非武装の理念などあまりにも自己陶酔で時代遅れの産物である」という意見に対し「むしろ世界中がテロに脅える時代になったからこそ、九条二項の意味は大きい」と返す。二十世紀以降の戦争のほとんどは、高揚した危機管理意識から発生する自衛戦争であり、敵の不在に耐えられずやがて仮想敵を作りだし、互いに脅えながら脅し「やらねばやられる」式の意識が発動して先制攻撃を仕掛ける。2013/08/12

ちくわん

20
2008年2月の本。氏が以前に雑誌等に掲載した文章に大幅な加筆・修正をした論文集。主張が明確なためツギハギ感は全くない。かなり厳しいテーマを扱っているが、タイトルに偽りなし。氏の文章は私には好ましい。2020/12/19

あふもん

15
柔らかくて正直な人だなぁ2014/06/19

Z

12
▶︎人もものごとも多面的であり、その一面しか見ていないことが多い。とくにメディアを含め、人から聞いた話では、当人は嘘をついてないし、悪気もなくても、その人の色眼鏡を通した一面しか語っておらず、見えない切り捨てられた部分がある。視点を少しでいいからずらしてみる。▶︎どれだけ映像を見ても、活字を読んでも、実際に自分の目で見て、触れて経験しないとわからないこともあるのかもしれないな。▶︎そして人生に与えられた時間は意外に短い。この瞬間を大事に生きたい。▶︎風のように流れてにのって生きるのも悪くない。2016/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492478

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。