動物の系統分類と進化

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader

動物の系統分類と進化

  • 著者名:藤田敏彦【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 裳華房(2016/06発売)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784785358426

ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

地球上にはどのような形態、生態の動物が暮らしており、どれくらいの数の動物種が生息しているのかを明らかにしようとするのが動物分類学である。そして、進化によってつくられた種の系譜「系統」を取り入れ、生命の歴史を含めて研究を進めてきた。本書は分類、系統、進化の観点から、現在の地球上の多様な動物の姿を明らかにすることで、その姿が5億年の間にどのようにして生じてきたのかを解説する。前半では、動物系統分類学の考え方や研究方法をこれまでの歴史を交えて解説し、後半では、それによって、これまでにどのようなことがわかってきたのかを解説する。系統樹の作成や、地球上の動物の多様性の理解を深めたい方にお勧めしたい一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

1
最新の遺伝子分析手法を用いて分類された「動物」の系統分類について解説。前半は、分類手法の解説。数理的な部分はちょっと難解。後半は、具体的な系統分類結果とその解説。従来との系統分類の違いを交えて説明している。また、個々の「門」について図と説明がある。この部分は辞書・図鑑として使えそう。脊椎動物の系統分類を期待していたが、これは載っていなかった。考えられる複数の系統パターンのうち、どれが正しいのかまだ分かっていないものもいくらかあって、まだまだこれから進歩してゆく分野なんだな、という印象。今後の展開が楽しみ。2016/09/25

ケッヘル(次女)

0
系統分類手法の紹介と、後半は様々な動物門についてそのボディプランを図示しながら概説する。2010/11/03

gachin

0
系統樹の理論背景や各分類群の説明など最良の概説書。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/639169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。