SB新書<br> 無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える!

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

SB新書
無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える!

  • 著者名:三枝成彰【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • SBクリエイティブ(2016/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

365日ほぼ休みなく働く73歳の作曲家が
30年にわたって続けている
いつまでも年をとらない奇跡の食事法

・食べるからお腹が空く、食べなければお腹は空かない
・食べると体力が消耗し、食べないと体力が高まる
・1日1食だけ制限を設けずに食事を満喫する
・好きなものを食べても太らない
・仕事の効率が3倍以上になる
・1日1食なら年寄りにならない
・合言葉は「孫を抱くより、女を抱け!」

【対談収録】
『「食べない」健康法』石原結實医師、『できる男は超少食』船瀬俊介氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

超小食で仕事を極める

作曲家として活躍する著者は73歳。
スケジュール帳は先々までビッシリと埋まり、
365日ほぼ休みなく働き続けている。

73歳にして青年のような若々しさを保ち、声も若々しい著者は、
40代の頃から30年にわたり1日1食を続けている。
まさに文化人の“1食主義のパイオニア”だ。

24年前の『婦人公論』1992年8月号のインタビューでも
「1日1食、睡眠時間4時間」
「冴えた状態をつくるには、やっぱり食べないこと」と語っている。

また、「僕たちの場合でいえば、これしかないです。食べれば眠くなるし、頭がボケる」
「太りたくないという最大の要因は、もしかしたらそれかもしれない。
事実、太っているときに書いた曲って、よくないんだよね」とも。

1年365日のハードワークが可能なのは、1日1食だからこそ。
見た目が若返り、健康になり、
そのうえ仕事もバリバリこなせるようになる“一石三鳥”のメソッドを、
著者ならではの人生哲学とともに初公開する。

無理せず誰でもすぐに実践できるファスティングのノウハウがわかる。