集英社文庫<br> 吹毛剣 楊令伝読本

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
吹毛剣 楊令伝読本

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 集英社(2016/06発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087468663

ファイル: /

内容説明

「替天行道」の志を受け継いだ楊令の闘いと、熱き漢たちの生き様を壮大なスケールで描いた、北方謙三の『楊令伝』。文庫版全十五巻完結を記念して、公式読本が文庫オリジナルで登場。地図や年表、厖大な登場人物たちを網羅した人物事典、著者のエッセイや対談、さらにはここでしか読めない担当編集者のウラ話など、『楊令伝』の世界をもっと楽しむためのコンテンツが満載。

目次

序文 北方謙三
楊令伝クロニクル(楊令伝――アジアを見渡すスケール 岡崎由美
吹毛剣の行方 吉田伸子
[対談1]「楊令伝」とその時代 高井康典行
北方謙三
“流れる血に意味はない”のか 池上冬樹
担当編集者のテマエミソ新刊案内 山田裕樹
[対談2]破壊と革命の後にくるものを書きたい 児玉清
北方謙三
[対談3]なぜ世代を超えて熱く共感するのか? 武田双雲
北方謙三
死なずに済んだ 北方謙三
さし絵画家からの手紙 西のぼる
[対談4]歴史は混沌からできている 北上次郎
北方謙三
草莽の英雄の奇想天外な後日談 張競
壮大な北方「水滸」なお未完 北上次郎
「楊令伝」という挑戦 山田裕樹
[対談5]日本の作家が書き上げた中国の壮大な歴史物語 張競
北方謙三
[対談6]「北方水滸」に学ぶ、リーダーの条件 小久保裕紀
北方謙三
ラジオ活劇「水滸伝」顛末記 石橋聡)
漢詩
人物事典
年表
編集者からの手紙
読者へ(遥かなる子午山 北方謙三
梁山泊の会
作者から読者へ 北方謙三
続・北方水滸『楊令伝』ニュース)
執筆者紹介
地図

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Y2K☮

33
これにて真の完結。文庫だと単行本から少し直しが入るのか。次読む時の楽しみが増えた。そして思いがけず著者の創作論。本を読み過ぎ、考え過ぎ、頭でっかちになって変に書く事を難しくしてたかも。全ての人物に自分が入ってる。確かにそこが原点。「作者から読者へ」はファン必読。私はレビューの中でしばしば著者や登場人物に話し掛けるけど、あれは何の衒いも無い自然な現象。北方氏も登場人物や読者に気さくに語り掛ける。私はまだ自分の創ったキャラの声は聴いたことが無い。話してみたい。まだまだ修行中だ。先生、また本の中で会いましょう。2018/01/19

オカメルナ

30
今回の読本の人物紹介には、個々の紹介の後に北方さんのコメントが記されていた。この人の事、北方さんはこんな風に思っていたんだと納得したり驚いたりと、とても興味深かった。相変わらずY氏の手紙も熱くて面白い。彼の手紙の中から中国の「水滸伝後記」の内容が垣間見られたところも良かった。「水滸伝後記」より「楊令伝」で語られた漢達の生き様(死に様)の方が断然カッコいいのだ!ネット配信された作者からのメッセージを途中まで読んでいなかったので、全メールが載っていて嬉しかった。2012/11/30

MATHILDA&LEON

27
大水滸伝第2部である『楊令伝』全15巻をまとめたガイドブック&裏話満載本。これ一冊で、著者である北方謙三氏が何を思って『楊令伝』に挑んだかが良く理解できる。これは是非、本編を読んでから手に取って欲しいが、未読の方でも意外と楽しめるかもしれない。編集者の北方氏へ向けた手紙がなかなかマニアックで笑える。個人的には著者が書いた『読者への手紙』が心にグッとくる。北方氏の正直な気持ちが書かれていて、まるで私だけに語りかけているような気分に。はからずも落涙してしまった。『楊令伝』への想い、迷い、苦悩がリアル。2017/10/27

akira

24
電子にて。 恒例のシリーズお楽しみ本。あらためていろいろと彷彿とさせられながら作者の裏話を聞く。ほんとならウイスキーでも片手に読みたいが、気がつけばごりごり読んでしまうなど。 生き様を描く著者。それは同時にいかに漢として、女史としての死に様を与えるのか。死に方は作者が決めるのではなく、その生き様で死んでしまうのだとまで言う作者。不意に訪れてしまうのは実に小説らしからぬことも。だが現実に近しか。 「弔い酒だなどとほざいてはいるが、ほんとうにこの男を生かしてやれた後の死なのかと、忸怩たる思いに襲われるのだ」2017/04/22

Kircheis

20
★★☆☆☆ まぁ完全な蛇足なんだけど、ファンなら読まざる得ない。2018/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5265106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。