集英社コバルト文庫<br> アーレイティカの剣闘士と女神姫 運命のディザスター・ロマンス

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
アーレイティカの剣闘士と女神姫 運命のディザスター・ロマンス

  • ISBN:9784086014380

ファイル: /

内容説明

豊穣の女神に愛された享楽の古代都市アーレイティカ。有力貴族の令嬢アリアセラは、海の女神の化身として育ち、神殿に仕える女神姫として崇められていた。海運業者の御曹司で許婚のセーディラスとの婚儀も目前に控えていた15のある日のこと、生まれて初めて行った闘技場で、ある奴隷剣闘士の壮絶すぎる姿に心惹かれて…。運命に導かれた二人は身分差を越えて禁断の恋に落ちていくのだが…!? 海より深く、火山のように燃える恋。それはあまりにロマンティック・ディザスター!!

目次

序章
第一章 彼女の想い
第二章 指輪を買いに
第三章 初夜で捕り物
第四章 鬼の反撃
終章
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひつじ

1
ロマンス。2014/09/08

レナ

1
文章が激しかった。火山によって崩壊して行く世界がうまく書いてあると思う。イラストがなんか古いのが残念かな。2010/09/22

さわき

0
主役二人のロマンスに前世の記憶が絡んでくる描写が素敵。文章は良かった。同作者の別作で一人称視点のものは挫折したけどこちらは好みだった。古代ローマ時代のポンペイをモデルにしてあり、風俗や文化は割と忠実に描写されている印象。そのためキャラの思考パターンも古代ローマ人のものに即していて、特に奴隷に対する認識などではそういった文化に馴染みがない側からすると「おいおい、少女小説のヒロインがそれでいいんですか」と突っ込みたくなる場面もあったが、作者が古代ローマ人を忠実に描写したからこそのある意味賜物なのかなとも思う。2014/05/20

サラ

0
ポンペイがモデルなだけあって、歴史小説っぽかった。とろくさいというか、行動が全て裏目に出るアリアセラにしょっちゅうイラッとした(笑)2011/03/02

asaki

0
★★★★☆2010/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/613876

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。