文春文庫<br> 東大生はバカになったか 知的亡国論+現代教養論

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
東大生はバカになったか 知的亡国論+現代教養論

  • 著者名:立花隆
  • 価格 ¥579(本体¥537)
  • 文藝春秋(2016/04発売)
  • 秋の夜長もKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/22)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

学力低下や教養教育の欠如など、高等教育の崩壊状況を徹底検証した「知的亡国論」。

日本の教育制度の欠陥を、東京大学や文部科学省の歴史に求めながら、日本を知的亡国の淵からいかにして救うかを論じた「東大法学部卒は教養がない」など四本の東大論。これらはのちに著者の代表作『天皇と東大』へつながる。

体験にもとづいた「立花臨時講師が見た東大生」。

現代における教養とはなにか、その教養をどのようにして獲得すればいいのかを論じた「現代の教養-エピステーメーとテクネー」。

四部にわたって構成された「知の巨人」による教育・教養論。