Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発 - 技法 一番大切な知識と技術が身につく

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,974
  • Kinoppy
  • Reader

Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発 - 技法 一番大切な知識と技術が身につく


ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

・AWSのフルマネージドサービスの導入方法と、基本的な使い方の手順を解説
・APIを使ったAWSサービスとの連係など、アプリケーションを実装方法をサンプルで紹介

■本書「はじめに」より
本書ではクラウドネイティブをキーワードに、
AWSのサービス群を上手く使って効率的にシステム/アプリケーションを開発する方法を主題としています。
対象とする読者は、モバイルやJavaScript等でフロントエンドアプリを開発する
アプリケーションエンジニアを想定しています。
もちろん今までAWSを使ってインフラを構築してきたエンジニアにも読んでもらいたいです。
オンプレミスからクラウドに移り変わったように、
サーバの上にミドル・アプリをインストールして一からシステムを構築する時代は、終わろうとしています。
そのことを体感し、次の時代のインフラエンジニアのあり方を一緒に考えていければと思います。

■紹介する主なサービス
API Gateway
Lambda
Cognito
DynamoDB
Simple Storage Service(S3)
Simple Notification Service(SNS)
Simple Queue Service(SQS)
Kinesis
IoT
Mobile Hub
Machine Learning

■掲載するサンプル
Cognitoによる認証を利用したスマートフォン向け写真共有アプリケーション
API GatewayとLambdaによるサーバ連携するモバイルアプリケーション
API GatewayとCognito、Lambdaを連携した認証・認可サービス
API Gatewayを使ったモバイルのスタブAPI
DynamoDBとApple Watchによる健康情報の収集
iBeaconと連動する勤怠管理アプリケーション
Device Farmを利用したモバイルの多端末自動テストの実施
S3とLambdaによるキーワードキュレーションサービス
KinesisによるTwitter情報の収集
など