サイエンス・アイ新書<br> ミサイルの科学 現代戦に不可欠な誘導弾の秘密に迫る

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

サイエンス・アイ新書
ミサイルの科学 現代戦に不可欠な誘導弾の秘密に迫る


ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

陸上自衛隊の武器補給処技術課研究班に勤務した、武器のスペシャリストが「ミサイル」の基本を1冊にまとめました!

【この本の内容(一部)】
●核抑止力の主役~潜水艦発射弾道ミサイル
●ロシアのフロッグ-7はミサイルか?~地対地ミサイル
●射程100km以上の艦対艦ミサイルもある~艦対艦ミサイル
●空から撃てば射程も伸びる~空対艦ミサイル
●宇宙を制するものは戦場を制する~対衛星ミサイル
●発射位置と誘導位置が違ってもいい~レーザー誘導
●巡航ミサイルの基本的誘導方式とは?~地形照合誘導
●「事実上の弾道ミサイル」とは?
●充填した形状で燃焼状態が決まる~固体燃料ロケット
●トマホークのエンジンはターボファン~ジェットエンジン
●毒ガスというけれど、実は液体~化学弾頭
●発射の瞬間は探知できないが~偵察衛星でミサイル基地を探す
●大出力の巨大レーダーは冷却も大変~レーダーによるミサイル探知
●撃たせないことがいちばん~核抑止と相互確証破壊
●「高校生でもつくれる」というのは砲身式~砲身式と爆縮式