新潮文庫<br> 父の威厳 数学者の意地

個数:1
紙書籍版価格 ¥572
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
父の威厳 数学者の意地

  • 著者名:藤原正彦【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(2016/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101248059

ファイル: /

内容説明

冷徹なはずの数学者が、涙もろくて自他共に認める猪突猛進!? 妻、育ち盛りの息子三人と暮す著者。健全な価値観を家庭内に醸成するためには、父親の大局的認識と母親の現実的発想との激論はぜひ必要と考えるのに、正直、三人の部下を従えた女房の権勢は強まるばかり。……渾身の傑作「苦い勝利」、文庫初収録の15編など、父、夫、そして数学者としての奮戦模様を描いて、本領全開の随筆66編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るっぴ

26
藤原正彦作品、初読み。父親のちょっとした意地が面白かった。サクッと読了。2017/06/03

ちょん

17
大好きな藤原先生の本。今回も笑いの中で色々教えていただきました。2016/06/05

だいすけ

13
幼年期をつぶすこと、青春期をつぶすことの報酬が、意外に小さいことを強調すべきと思う。幼年期と青春期を自然な姿で送ることが深い情緒を育み総合的判断力を培い、人間的スケールを大きく育てるという点で、決定的に重要であり、ひいては出世や幸福にもつながることを説くべきと思う。たとえ外国語が堪能でも、郷土や祖国への誇りや愛情を抱くことがなければ、国籍不明人にはなれても国際人にはなれない。日常的に伝統に囚われていることが、反動として斬新への爆発力を産んでいまいか。この著者の文章は洒脱かつとても端正。2019/06/07

Kaz

13
検便論争。藤原先生の侍ぶりが堂に入っていて見事。私も、若いころから「頑固親父」を目指しているのですが、藤原先生のようにはなかなか振舞えません。周囲との軋轢をものともせず、正しいことには一徹に行動する。妻一人娘二人。男女の思考回路の壁は大きく、家庭内だけでも孤立無援の状態でついつい自論を取り下げてしまう私には、藤原先生はあこがれの的です。2012/12/18

まーみーよー

10
面白かった。武士道を唱える藤原さん。負けず嫌いで頑固一徹。だけど奥様も負けていない。この負けず嫌いはご両親譲りのようで、父(新田次郎)は母(藤原てい)の著作のベストセラーに刺激を受け、あれ位なら自分にだって書ける(著者推測)と小説を書き始めた。新田さんが作家として評価され、子育てのため文筆を折った藤原ていさんは、軽い嫉妬で新田さんの草稿を頼まれると「こんな下手な文をよく書けるわね」とこき下ろしたそう。それでも、三人の著作には互いへの尊敬と愛情が見え隠れしていて、素敵なご家族だと思えるところが良かった。2019/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/479690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。