新潮文庫<br> 日々の泡

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
日々の泡

  • 著者名:ボリス・ヴィアン【著】/曾根元吉【訳】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 新潮社(2016/03発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784102148112

ファイル: /

内容説明

愛を語り、友情を交わし、人生の夢を追う、三組の恋人たち――純情無垢のコランと彼の繊細な恋人のクロエ。愛するシックを魅了し狂わせる思想家の殺害をもくろむ情熱の女アリーズ。料理のアーティストのニコラと彼のキュートな恋人のイジス。人生の不条理への怒りと自由奔放な幻想を結晶させた永遠の青春小説。「20世紀の恋愛小説中もっとも悲痛な小説」と評される最高傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

121
シュールレアリスムな絵を次々に観ながら進んでいく感覚。水道から出てくる鰻、自ら形を変える部屋、スケートリンクで折り重なるバラバラな肢体、地下で回り続ける歯車、丁寧に料理された食事に若く美しい恋人たち。女の子達のほっそりした美しさは儚くて、嫉妬や病気で蝕まれていく。お金を遣うだけの若者達は、生きる術を知らず、とても弱くて潰れていくだけ。どんどん小さくなる家は、彼らの未来。全ての美しいものが消え去れば、ネズミさえも絶望してしまう。サルトルの名前と同じように、全てが歪んだまま始まって終わったかのようだった。2015/04/25

蓮子

108
Twitterのフォロワーさんのオススメから。読みかけてそのままになってたので、また最初から読みました。この物語の世界観に入り込むまで少し時間がかかったけれど、読んでいてまるで美しいシュルレアリスムの絵画を眺めているようでした。とても映像的な作品だと思います。物語の結末は悲惨ですが、それでも夢のように美しい。現実と幻想の間にある恋人達の物語。2017/04/03

弟子迷人

48
ボリス・ヴィアン舎、手作り石鹸「日々の泡」につきましては、ご使用中に誤って吸い込まれますと、肺から睡蓮が生える可能性がございます。じゅうぶんご注意ください。またお子様(早熟な生育を望まれる場合を除く)の手の届かないところに保管してください。なお、製品の特性上、発送の途中で内容がはかなく消失することがございます。あらかじめご了承のうえ、ご注文ください。 2016/05/25

のっち♬

47
肺の中に睡蓮が成長する現実離れした奇病をはじめ、異様な仮想事象、新語・稀語の造語装填など著者独特の表現が印象的。それは規制秩序に対する憤怒をこめた異常なまでの反抗だ。「いくつかの大河が海に注ぎ入る場所には、容易に越えられない塩津浪がおこって、漂流物の浮動する泡だった巨大な波の巻き返しが見られるものだ」笑止かと思えば非情、愁嘆かと思えば諧謔と、時に唐突に読者を翻弄するが、歪んだ情景に浮かび上がる嫉妬、劣等感、愛情など心理描写が細やか。リズミカルでテンポの良い文体が美しく、シュールなあたたかみと切なさが残る。2019/06/19

蘭奢待

45
レーモン・クノーをして「現代でもっとも悲痛な恋愛小説」と呼ばしめた作品。その評判を期待して読むと意外すぎる展開に戸惑う。訳者による後書きにあったが、青年のための童話、まさにそれだ。一見特にユニークとは言えない作品の出だしからよみすすめると、???の箇所が出てくる。比喩でもなく、訳が悪いのかと思っていたがフランス語による原作が言葉遊びだらけとのこと。訳には苦労しただろうが、訳本ではこの作品の真価はわかるまい。 2019/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527492

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。