日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史

個数:1
紙書籍版価格 ¥579
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史

  • 著者名:日本史ミステリー研究会【編】
  • 価格 ¥521(本体¥483)
  • 特価 ¥365(本体¥338)
  • 彩図社(2016/03発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/22)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

古来より日本では様々な拷問が行われてきた。
斬首刑、釜茹で、火炙り、獄門など、よく知られたものから、釣責め、三段切り、瓢箪責め、塩責め、海老責めなど、にわかには想像しがたい処刑も数多く存在した。
果たして、どの時代から、どのような罪に対して、かくも過酷な拷問が行われてきたのだろうか…?
その歴史を明らかにしつつ、実際に行われていた過酷な拷問・処刑の数々を徹底解説!