集英社新書<br> 生存教室 ディストピアを生き抜くために

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
生存教室 ディストピアを生き抜くために

  • 著者名:内田樹【著】/光岡英稔【著】
  • 価格 ¥734(本体¥680)
  • 集英社(2016/03発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/27)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

マンガ『暗殺教室』(松井優征・作)は、「担任教師の“殺せんせー”なる超生物を卒業までに倒すこと」「そのために殺傷技術に練達すること」「中学生たちを学校で教育し成長させること」という一見まったく相容れない課題と一風変わった学校生活をスリリングに描写した傑作SFコメディ。この作品に武道家であり思想家の内田と武術家の光岡が着目。このマンガに内在する「師を超えること」という極めて教育的かつ武術的なテーマをはじめ、社会が完全管理に向かいつつある今、生きることの本質と、古来人間を支えてきた「古の身体」の文化、生き残るための武術的知性とは何かを縦横無尽に語る。【目次】はじめに 「戦争の切迫」というアクチュアルな状況で考える生存の知恵 内田 樹/第一章 生存のための文化とはなにか/第二章 古の身体文化 能と武術/第三章 生存のための学びと教えの作法/第四章 古の身体に帰って見える未来/おわりに 生存のための文化の本質を求めて 光岡英稔

目次

はじめに 「戦争の切迫」というアクチュアルな状況で考える生存の知恵 内田 樹
第一章 生存のための文化とはなにか
第二章 古の身体文化 能と武術
第三章 生存のための学びと教えの作法
第四章 古の身体に帰って見える未来
おわりに 生存のための文化の本質を求めて 光岡英稔