自分を開く技術

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy

自分を開く技術

  • 著者名:伊藤壇
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 本の雑誌社(2016/02発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784860112813

ファイル: /

内容説明

「一年一か国でプレー」をポリシーに代理人をたてず自ら契約&プレーしてきたプロサッカー選手・伊藤壇。これまで日本、シンガポール、オーストラ リア、ベトナム、香港、タイ、マレーシア、ブルネイ・ダルサラーム、モルディブ、マカオ、インド、ミャンマー、ネパール、カンボジア、フィリピン、モンゴ ル、ラオス、ブータンと18の国(と地域)で活躍してきた。本書では、伊藤壇の軌跡はもちろん、どのようにトライアウトを勝ち抜くのか、契約を手にするにはどうしたらいいのか、海外で成功する秘訣、これまでプレイした18の国(と地域)のクラブでの待遇など具体的に紹介。少年団からJリーガまで、すべてのサッカー選手の可能性を開く書であるとともに、サッカーに興味のない人にとっても自分を売り込む技術を教えられる一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あちゃくん

100
日本サッカーの近年の発展や豊かさ、この本の著者伊藤壇はそれらを象徴するフットボーラーの一人です。彼は"アジアの渡り鳥"と呼ばれ、アジア18カ国でプレーをし、最も多くの国でプレーしたサッカー選手としてギネス世界記録に認定されています。彼は数多くの国のクラブに移籍しましたが、代理人に頼らず、全て自分で交渉し、契約をつかみ、道を切り開いてきました。サッカー選手"伊藤壇"としての彼とそのサッカー選手"伊藤壇"という商品を売り歩く敏腕ビジネスマンとしての彼、その両面の魅力が詰まった一冊です。2016/01/24

ふろんた

15
アジア中心に毎年国を変えてサッカーをする。その数も20カ国に届きそうなまでに。バックパッカーみたいな感じだが、海外で飯を食うには何が必要なのかが学べる。内容が口述筆記の自己啓発書のようなのが、少し残念。こういうことするなら、いずれ出版できるように記録をとっとくべきだったね。2018/02/01

jiangkou

6
アジア各国のプロサッカークラブでプレイする有名な日本人の本。冒頭は小学校以降のサッカー経歴、大学からプロへと自伝ぽいが、それから先は途上国のクラブと契約する注意点、アジアの適当な文化が大変とか、かなり雑に書かれた本。もう少し各国でのエピソード等を旅行記ぽく書いてくれればもう少し読みごたえがあったか。結局読んで得るものが殆どなかった。サッカー選手本は読むレベルにある、ないが あるので結構難しい。2018/06/14

ふっかー復活委員長

6
『1年1ヵ国』の精神で世界を渡り歩くフットボーラーの人生訓。その経歴を見れば異質な「サッカーバカ」と見られがち。でも著者の性格なら、どの分野でも国際的に活躍していると思う。▼ただ一つ言えるのは、「最初から自己管理と自己広告ができる人はいない」ということ。著者も沢山のトライ&エラーを重ねながら、今のスタイルを身に付けた。失敗しない人が持て囃される世の中だが、「失敗ができる」ことこそ、一つの才能なのかもしれない。2018/01/20

さかす

2
誰もやってないキャリア作ってんのほんとかっこいい。ライティング強ければそれを本にしてPRする武器になる。あーかっこいい2019/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10355176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。